« マイダ農園の季節限定フルーツジャム CONFETTURA DI MASSERIA MAIDA | トップページ | マルケ州のシャンパーニュ製法で造られた珍しいワイン VELENOSI BRUT »

2009/09/22

秋の到来はバルバレスコで BRUNO ROCCA BARBARESCO 2006

Dscn0121_1

久しぶりにナボーナ広場裏のワインバー『クール・デ・サック』へ。
居酒屋的なカジュアルさなのに本格的なワインリストがあって
食事もできて、場所も便利と、結構使える店。
ローマ観光地のど真ん中にあるという場所柄、旅行ガイドにも
よく掲載されるのでツーリストも多い。旅行者がたくさんいるお店
は敬遠しがちだけど、ここは別。
2000種類を誇る電話帳のようなワインリスト。そのワインの価格
設定がかなり低い。グラス飲みだと1杯2,7ユーロから。
【ソライア98】はボトル飲みで110ユーロ。このヴィンテージはもう
あまり出回っていない上、あったとしてもテーブルで消費するなら
倍近くするはず。今どきのローマでこれほど良心的な値段でワイン
を提供しているお店はないのでは?しかも観光地区にありながら。

秋のはじまりにということで【BRUNO ROCCA BARBARESCO 2006】
45ユーロを注文。
ヴァッレダアオスタ産のチーズ、フォンティーナをおつまみに。
バルバレスコ村にあるワイナリーBRUNO ROCCAは畑違いで3種類
のバルバレスコを生産する。ネッビオーロ品種特有の、チェリーや
プルーンを甘く煮たような果実香、胡椒やカカオなどのスパイス香
が交じりあい、グラスに注がれたとたん香りの花火が目に見えるよう。
ネッビオーロのワインはこの香りを嗅ぐ瞬間が一番の醍醐味。
羽根のデサインのラベルの印象そのままに洗練された品のよい味わい。
唯一後味に若干固いままの感じが抜けないのはヴィンテージからなの
か、畑が若いからなのか。
バルバレスコを飲んで、季節の変化を知る贅沢。
四季があるっていいな。

バルバレスコといえば、地元の自治体がブドウ畑の丘一帯をユネスコの
世界自然遺産認定に申請しているそう。おめでたい話だけど、すでに
生産量が少ないこのワイン。もうそーっとしておいてー!

*******************

ブルーノ・ロッカ
BRUNO ROCCA

*******************

|

« マイダ農園の季節限定フルーツジャム CONFETTURA DI MASSERIA MAIDA | トップページ | マルケ州のシャンパーニュ製法で造られた珍しいワイン VELENOSI BRUT »

ワイン - VINO」カテゴリの記事