« 月刊専門料理9月号 | トップページ | 秋の到来はバルバレスコで BRUNO ROCCA BARBARESCO 2006 »

2009/09/21

マイダ農園の季節限定フルーツジャム CONFETTURA DI MASSERIA MAIDA

Dscn0113_9

週末の夕方は、まだ夏の日差しが残るテラスでゆっくりアペリティフ。
おつまみはサンダニエレの生ハムと水牛のリコッタチーズに【白イチジ
クのジャム】をからめた1品。生ハムの塩分と白イチジクの甘みをほん
のりミルク味のリコッタチーズが包み込んで絶妙のハーモニー!

白イチジクは8月から9月にかけて収穫される夏季限定の果物。
この【白イチジクのジャム】は、ナポリの『DON ALFONSO 1890』などの
ミシュラン星付きレストランを顧客に持つ、マイダ農園がつくる季節限定
フルーツジャム。
ナポリの南に位置するペストゥムという土地で生産される。
ペストゥムといえば、モッツァレッラ、オリーブオイル、赤ワインのアリア
ニコなど、南イタリアの代表的な名産物の産地としても有名で農作物が
豊かに育つ土地。マイダ農園のジャムはこの土地だけで収穫される
めずらしい限定品種のフルーツを原材料として、添加物をいっさい加え
ず全て手作りで生産される。果実味が濃厚で、砂糖よりもフルーツの
割合の多いこのジャムは、まるでフルーツそのものを食べているような
おいしさ。限定品種のフルーツを原料としているためと、製品の新鮮さ
を保つために年に一度の収穫時期にしか製品の生産をしないことから
他メーカーに比べちょっと高額。にもかかわらず「顧客からの受注を
全部まかなうのは至難の業。」とオーナーのFRANCESCOが言うほどに
マイダジャムの人気は高い。

マイダ農園はいわゆる老舗メーカーではなく、10年ほど前に開業した

小さな会社。オーナーのFRANCESCOが”マーケティングディレクター”

も、”海外営業担当”も、”経理”も全部一人でやっている。近頃は息子

さんが手伝っているようだが、小規模ながらコツコツやってきた努力の人。

ここ数年でやっと<高品質食材生産者>としてその名が知られるように

なった。1年に1度しか収穫できないおいしい果物を年中食べられるように

考えられ、代々伝えられてきたペストゥムの伝統レシピ。

その他【オレンジ、シトロン、オニオン、しょうがのジャム】や【洋ナシと
くるみのジャム】も面白い。
マイダ農園ギフトセットもイタリアらしいデザインでグッド。

******************

マイダ農園
MASSERIA MAIDA

******************

|

« 月刊専門料理9月号 | トップページ | 秋の到来はバルバレスコで BRUNO ROCCA BARBARESCO 2006 »

美味食材 - DELIZIE DELLA TAVOLA」カテゴリの記事