« スーパーエノロゴのトスカーナIGT GRATIUS TOSCANA IGT 2001 | トップページ | WELCOME PARTY OF AMERICAN ACADEMY IN ROME »

2009/09/29

NEW ZEALAND SAINT CLAIRE CHARDONNAY 2006 OMAKA RESERVE

Dscn0156_1

ローマでエノテカ(ワインショップ)を経営する友人パオロの自宅での
夕食会へ。イタリアでも店の規模と歴史では数本の指に入る酒屋
を経営する彼の自宅にはお宝ワインがごろごろ。
酒飲みの女友達3人を前に出した1本目はニュージーランド産の
CHARDONNAY2006。彼が旅先のNZからはるばる持ち帰ってきた
ものでイタリアには未輸入のワイン。イタリアやフランスワインに慣れ
ている私達には、まずはスクリューキャップが新鮮!
フリウリ州のメーカーJERMANNのボトルが一時話題になったが
やはりこの国の生産者も消費者もコルク栓を好むよう。
NZの白というと、”バリック臭の強烈な料理にあわせにくいワイン”
という先入観がどうにも拭えない。ソムリエコースの授業では、発酵
段階で、モストに木の破片やおが屑を入れるところもある、という
NZならではの醸造法を習ったっけ。
そんなことを思い出しながら香りをかいで、味わって驚き!!!
もしブラインドテイスティングなら、ブルゴーニュのモンラッシュと
間違えていたと思う。それほどにエレガントな芳香に包まれたやわら
かい口あたりとバランスのよさ。
NZのヴィンテージについてはわからないけれど、本当に天候の
恵まれた年にできるよいブドウだけを摘んで作りました、というような
繊細さが味のすみずみにまで感じられました。
SAINT CLAREワイナリーは94年に創立された新しいワイナリー。
パオロの「これが本当のNZワインなんだよ!」という言葉に3人で
うなずきながら、遠いお国から持ち帰ってきたワインもあっという間に
空っぽに。。。アララ。。また招待してねー!

*************************

サン・クレール
SAINT CLAIRE

************************

|

« スーパーエノロゴのトスカーナIGT GRATIUS TOSCANA IGT 2001 | トップページ | WELCOME PARTY OF AMERICAN ACADEMY IN ROME »

ワイン - VINO」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。