« 冬時間のテベレ川 | トップページ | 今までも、これからも。 »

2009/11/20

ウイスキーの魔術師「SAMAROLI サマローリ」

Dscn1494_1

イタリアはブレーシャ市にあるサマローリ社。ボローニャ生まれの
オーナーサマローリ氏が自ら世界中の蒸留所を廻り樽を厳選
芳醇さとコクのバランスのとれたモルトをセレクトし、瓶詰めする
インディペンデントボトラー。マッカランやカリラなどの有名蒸留所
だけでなく、彼の審美眼にかなえばダルユーインやグレーンロッシー
など隠れた名酒も取り扱う。一般的には蒸留所銘を使用されること
を嫌うブランドのものでも瓶詰めされているので、サマローリ氏の
手腕の強さがうかがえる。サマローリブランドが世界のモルトファン
を魅了し続けるのはもうひとつ、その美しいボトルデザインにあります。
美術品として充分価値のあるラベルはサマローリ氏が自らデザインした
ものやグラフィックデザイナーにデザインさせたものなどいろいろあり
ますが、このお洒落なデザインがまた彼の製品の個性を演出しています。
天性の審美眼、イタリア人ならではの抜群のセンス、そして深い人脈
を持つウイスキー瓶詰め業者の先駆者としてカリスマ的な光を放つ
サマローリ氏。

友人のパオロ宅で彼が抜詮したのはGLEIN GRANT社が1970年に醸造
31年間のシェリー樽での熟成後、2001年にボトリングされたシングルモルト。
アルコール度数45度。ローマの酒商ブレーべのプライベートラベル。

サマローリブランドの中でもこれはほぼ入手不可能。
コーヒー色。バニラや皮革、干しブドウにドライフルーツやはちみつの味わい。
エレガントで飲み口に重厚感があり、後味はドライだが長く余韻が残る素晴
らしい飲みごこち。
これぞ銘酒の中の銘酒。

********************

サマローリ

SAMAROLI

*********************

|

« 冬時間のテベレ川 | トップページ | 今までも、これからも。 »

ワイン - VINO」カテゴリの記事