« 今年のオリーブオイル一番搾り届きました! | トップページ | 出会い系レシピ »

2009/11/14

うまいワインとはなんぞや?!

Dscn1192_1

セルジョの店のカウンターにて。

東京のグルマンU氏、ローマ一の酒屋のオーナーパオロ氏
そしてセルジョと下記のワイン3本を抜詮。

1  DOMAINE JEAN GRIVOT
NUIT SAN GIORGES  AUX LAVIERES 2006
香り素晴らしいが、タンニンが引きずる感じで重め。

2  CHATEAU RAYAS
COTES DU RHONE  CHATEAUNEUF DU PAPE CH.RAYAS
シャトーヌフ・デュ・パプでは最高評価の元詰め栽培農家。
グラナッシュが主な主要品種で、このブドウでここまでの深みを
感じさせるところに生産者の素晴らしさを体感。
フレッシュな梅やプラムに胡椒などのスパイシーな香り。
甘い印象ながら飲む口はドライでとてもの飲み心地がよい。
ブルゴーニュのピノ・ノワールの優雅さに洗脳されていたが
このチャーミングなコート・デュ・ローヌのレベルの高さに開眼。

3 DOMENICO CLERICO
BAROLO CIABOT MENTIN GINESTRA 96
モダンバローロの代表格。ちょうど飲み頃のしかも当たり年の
ヴィンテージで、ネッビオーロ種のもつポテンシャルを思う存分
発揮していた。上記2本のフランスに比べ、イタリア人女性の
ような豪華な妖艶さ。

ワインエキスパートの彼らがそれぞれ全く異なるワインを飲んで
「うまいワインとはなんぞや」と、酔いがまわりながらもワイワイ論争。
「うまいワインとは心の通い合う友と飲むワイン!」というU氏の言葉
に他のテーブルにいた人たちまで集まってきてみんなで乾杯。
楽しい盛り上がりの一夜でした。


|

« 今年のオリーブオイル一番搾り届きました! | トップページ | 出会い系レシピ »

ワイン - VINO」カテゴリの記事