« 抜詮しすぎて腱鞘けんしょう炎 | トップページ | 紀元前からの隠し味 『COLATURA コラトゥーラ』 »

2009/12/08

『CHIOSTRO DEL BRAMANTE キオストロ・デル・ブラマンテ』で過ごす中世の時間

Dscn0427_1

イタリアは今日は祝日。
IMMACOLATA CONCEZIONEといって、日本語にすると”聖母無原罪の
御宿りの日”とあまりピンとこない意味になるのですが、聖母マリアさま
がキリストを受胎した日でカトリックの教理による祝日です。
日本人がお正月前に門松やしめ縄を飾るように、イタリアではこの日に
クリスマスツリーやプレセーピオ(キリスト誕生のシーンを人形で表現した
模型)を飾るのが一般的な習慣。
昨日は月曜でしたが閉業して4連休にしている会社がほとんどで、12月
最初の週末はクリスマスギフトの買出しで街はすごい人でした。

あまり人には教えたくないのですが、混雑する街中でホッと一息できる
穴場的なカフェがあります。
1400年代に建てられた修道院を改装したアートギャラリー『キオストロ
デル・ブラマンテ』内にあるカフェです。
観光地で有名なナボーナ広場の裏にあるにもかかわらず、若干入り込んだ
場所にあるためか、意外と知られていません。いつ行ってもゆっくりできるの
です。カフェは修道院の2階にあり、修道院建築の典型的な美しい回廊に
テーブル席があり、中庭を見下ろしながらくつろげる空間になっています。
ローマのど真ん中にいるというのに、この閑静な空間で鳥のさえずりを聞きな
がらエスプレッソを味わっていると中世に戻ったような不思議な気分になります。

1000097_1_img

メニューは軽食から、日替わりの手作りケーキからジェラート
まで結構豊富。日曜はブランチもやっていてメニューはチーズや
生ハム、魚のカルパッチョにそれぞれ相性のよいグラスワインが
セットされたもの。元修道院というのに土曜日は夜中まで開いていて
イタリアワインやカクテルが楽しめます。修道院の回廊で。
アートギャラリーなのでいろいろなアーチストの展示も行われていて
さらにブックショップもあるので知らないうちに一人で半日ほど時間
をつぶしてしまうこともあります。

***************************

キオストロ・デル・ブラマンテ

CHIOSTRO DEL BLAMANTE

****************************

|

« 抜詮しすぎて腱鞘けんしょう炎 | トップページ | 紀元前からの隠し味 『COLATURA コラトゥーラ』 »

ローマ カフェ - ROMA BAR」カテゴリの記事