« OPEN BALADIN オープン・バラディン | トップページ | 『ちくりん CIKURIN』 割烹 CUCINA GIAPPONESE TRADIZIONALE »

2009/12/15

『DAL FILETTARO A SANTA BARBARA ダル・フィレッターロ・ア・サンタ・バルバラ』

Dscn1786_1

Dscn1767_1

いまやローマでも珍しくなってしまった、なつかしい匂いのする
食堂。名物はローマ庶民料理の一つで、もともとはユダヤ料理
だったというフリット・ディ・バカラ(塩タラのフライ)。昔はこの
カンポ・ディ・フィオーリ広場の裏に、タラのフライの店が30軒
以上もあったそうですが、今残るのはマルチェッロさんが営む
この1店舗だけ。パスタなど一般的なトラットリアのメニューはなく
フライやサラミ等の単純な一品ものだけですが、安くておいしく
何十年前のローマに戻って食事をしている気分になれます。

Dscn1770_1

まずは豆のサラダ(5ユーロ)。缶詰めのボイル豆に生のタマ
ネギのみじん切りを混ぜただけのもの。オリーブオイルと塩
コショウで。

Dscn1774_1

さらにローマでおなじみの、プンタレッレのサラダ(5ユーロ)。
アンチョビとにんにくをペーストにし、オリーブオイルを混ぜた
ドレッシングで。

Dscn1778_1

これが自慢料理のタラのフライ(5ユーロ)。店の奥で揚げて
いるのでアツアツでサクサク、中身はふっくら。ビールがすすみます。

Dscn1781_1

お店の一番奥にある小さな台所でひたすら塩タラを揚げるベテランの
おばさん。

Dscn1783_1

左は箪笥みたいな旧式の冷蔵庫。ワイン貯蔵庫になっていて直接グラスに注げる
ようになっています。家に一台欲しいです。

パレルモでは食べられないローマの名物料理にシチリアから来た
友人も大満足でした。

**********************************

ダル・フィレッターロ・ア・サンタ・バルバラ
DAL FILETTARO A SANTA BARBARA 
Largo dei Librari 88 Roma
Tel  066864018
日曜定休 夜のみ営業

************************************

|

« OPEN BALADIN オープン・バラディン | トップページ | 『ちくりん CIKURIN』 割烹 CUCINA GIAPPONESE TRADIZIONALE »

イタリアB級グルメ - GOURMET DI CATEGORIA B」カテゴリの記事