« 月刊専門料理2010年1月号 | トップページ | 『大阪焼肉 YAKINIKU』 BARBEQUE COREANO »

2009/12/30

『萬春 MANHARU』 フランス料理 CUCINA FRANCESE

Dscn2071_11_2

Dscn2076_1

Dscn2082_1

Dscn2080_1

Dscn2083_1

上七軒は京都でもっとも古い花街。

祇園、先斗町に比べて地味だが、京都人に言わせれば一番‘粋‘な界隈。

ここに元お茶屋のバー/フランス料理店『萬春』がある。

1階はカウンター席、2階はテーブル席。

一流のフランス料理を食べさせる名店は、女優、歌舞伎役者、小説家、画家

あらゆる文化人の隠れ家的サロンでもある。

壺シチューやりんごとセロリのサラダなど名物はいろいろあるが、やはり『萬春』

といえばカツサンドだろう。ここのカツサンドの虜になった人は多い。

有名人にとっても無名人にとってもこれは一度食べたら忘れられない味。

ソースに浸した高級黒和牛の分厚いカツがこれまた分厚いパンでしっとりと挟まれ

ている。 舞妓の赤いおちょぼ口にもパクパク入るミニサイズ。

黒和牛の肉のやわらかさ。ジュワっと肉汁とソースがしみ込んだパンのおいしさ。

カツとパンのバランス。作りたてのアツアツもおいしいが、お持ち帰りで冷めた

サンドもこれまた美味。歌舞伎舞台の楽屋、撮影所、家人へのお土産と、ありと

あらゆるところに登場する萬春のカツサンド。

たまごサンドはバターの風味が食欲をそそるふんわりしたオムレツ入り。

私の大好きなもうひとつの一皿は京生湯葉と海の幸の冷製テリーヌ。タラバ蟹と

帆立貝、えびのテリーヌが生湯葉で巻いてある。百のうまみが凝縮された

上品でなめらかな口当たり。

カツサンドに舌づつみを打ちながら、舞妓の着物に見惚れる。

『萬春』は今では貴重な京都の本物の贅沢を味わえる夢のようなお店です。

|

« 月刊専門料理2010年1月号 | トップページ | 『大阪焼肉 YAKINIKU』 BARBEQUE COREANO »

京都レストラン - KYOTO LOCALE」カテゴリの記事