« なつかしい味わいのチーズ | トップページ | トスカーナ産の純りんご酢 »

2009/12/02

立ち食いローマ料理 『TRAPEZZINOトラペッツィーノ』

Dscn1596_1

レストランに行く気もなく、家で料理するのもなーという日には
近所の『00100PIZZA』へ。数年前にオープンしたテイクアウトの店。
ここを開店当時から一気に行列のできる店におしあげたのは
名物料理 ”立ち食いできるローマ料理” 「トラペッツィーノ」。
「ピッツァ」と「トラメッズィーノ(サンドイッチの意)」を掛け合わせた
ネーミング。「トラペッツィーノ」とは3角形の形をしたピザ生地の
パンの底辺を切り、その中に「TRIPPA ALLA ROMANA トリッパ
のトマトソース煮込」や「POLLO ALLA ROMANA 鶏肉のローマ風」
などのローマの郷土料理を中に詰めたもの。ピザパンは大(5ユーロ)
と小(3ユーロ)の2種類。
安くておいしいので1個のつもりが、アノ味も試そうと2個、3個と
止まらなくなります。でもトラットリアだと一皿しか食べられないお料理
が 「トラペッツィーノ」という形で何種類も食べられるのです。

Dscn1614_1

           +

Dscn1603_1

           ↓

Dscn1612_1

           ↓

Dscn1628_1

「GAROFOLATO DI MANZO 牛肉の丁子煮込み」3ユーロ。

Dscn1619_1

こちらは「POLLO ALLA CACCIATORA 鶏肉の猟師風」3ユーロ。
アツアツのソースがパンにジュワっと染みこんでいます。

Dscn1604_1

そしてピザもイタリア全国で、いや世界でここにしかない!という珍しい
ピザが揃っています。
これはイギリスのブルースティルトンチーズ(青カビチーズ)とモッツァレラ
にポルト酒を煮詰めたものがかかっています。

Dscn1605_1

こちらはスパゲッティ・アーリオ・オーリオ・ぺペロンチーノ
のピザ、チプロ産の黒塩がかかっています。
ピザ生地の上にスパゲッティがのっています。

Dscn1606_1

こちらはパルミッジャーノチーズをブロードで煮詰めたソース
をぬり、その上に生ハムとモルタデッラハムをのせたもの。
その他、ジャガイモとビールで煮込んだソーセージをのせた
ものなど、名前を聞いただけでどれも試したくなるピザがいろ
いろあります。

Dscn1635_1_2

さらにスプリ(ライスコロッケ)2ユーロ。
そんじょそこらのピザ屋にあるスプリとは違いますよ!
写真はアマトリチャーナのスプリ。
カルボナーラのスプリなど、ローマの典型的なパスタ料理が
ライスコロッケにされています。

ドリンクは流行の手造りビールからワインまで気のきいた飲み物
が揃っています。
お店で立ち食いも、お持ち帰りも自由。
料理には保守的なローマ人。
でもこの郷土料理のファーストフードはみんなお気に入りのようです。

「安い、早い、うまい!」は世界共通の合言葉!

********************

00100 PIZZA

Via Giovanni Branca 88

Testaccio Roma

********************

|

« なつかしい味わいのチーズ | トップページ | トスカーナ産の純りんご酢 »

イタリアB級グルメ - GOURMET DI CATEGORIA B」カテゴリの記事