« GAMBEROROSSOレストランガイド表彰レストラン『OASIS SAPORI ANTICHI』のディナー会 | トップページ | 『COLLINE EMILIANE』のエミリア・ロマーニャ料理 »

2010/03/15

『CUL DE SUC クール・デ・サック』でワインとチーズの宵

Dscn3210_1

ワインとハム、チーズのシンプルな、かつイタリアらしい食事がしたい
という幼馴染Kとナボーナ広場の『クール・デ・サック』へ。
見かけは酒豪、実際はワイン一口で酔いが回る体質のKは味見だけ
したいとのことでワインは白、赤をグラスで注文。

フリウリ州の「ヴェニカ&ヴェニカ」の『COLLIO SAUVIGNON RONCO
DI CERO 2007』とトスカーナの「マッツェイ」の『CHIANTI CLASSICO
FONTERUTOLI 2007』を注文。
イタリア2大名産地の2大有名ワイナリー。

「ヴェニカ&ヴェニカ」はフリウリを代表するおいしい白ワインの生産者。
もともと貧しかったこの州の地元経済を昔から支えてきたワイン作りは
工場生産型のワイナリーが主流となり、長年質より量を求めるスタイルが
栄えていました。その大量生産型からいち早く脱出し、高品質生産者
として頭角を現したのがこの生産者。この地方独特のブドウ品種をつかった
ワインを多種生産していますが、それぞれのブドウの特徴が明確に表現
されていて、価格も妥当で普段のみには大好きなワイナリー。
キリッと冷えた黄金色のソーヴィニオン。この艶と透明感を見ただけで
おいしさが想像できてワクワクします。
独特のトマトの葉のような香りとミネラル感、後味のほのかな苦味が期待
通りにおいしい。

Dscn3208_1

マッツェイの『CHIANTI CLASSICO FONTERUTOLI 2007』。
ワイナリーの形態というのは大体、○○農園、とか個人事業
大きくとも有限会社なのですが、ここは”株式会社”。
1435年からワイン作りをしていた老舗で100ヘクタール
以上の農園を持つ大型ワイナリー。シエナ近くのカステッリーナ
イン・キャンティにあります。『フォンテルートリ』以外にも
『SIEPI』や『CASTELLI DI FONTERUTOLI』など海外でも高く
評価されているワインを生産しています。
『フォンテルートリ』2007ヴィンテージは12ヶ月バリックで熟成。
うち40%が新樽。香り味わいとも意外にやわらかく、マロラティック
発酵のいやみもなく飲みやすく素直においしいワインでした。

Dscn3212_1

イタリア産ハム、チーズの盛り合わせを注文したのですが、一番
おいしかったのは黒トリュフ入りハードチーズ。
ほろほろと崩れるような食感で、塩辛さの中に甘みがあり、口の中で
フワーッと広がる黒トリュフの香りがたまらないおいしさでした。
これとフォンテルートリが最高の相性で、ワインをもう一杯追加注文。

後日このチーズはKのイタリア土産となって日本に渡っていきました。

**************************

VENICA & VENICA

MAZZEI

**************************

|

« GAMBEROROSSOレストランガイド表彰レストラン『OASIS SAPORI ANTICHI』のディナー会 | トップページ | 『COLLINE EMILIANE』のエミリア・ロマーニャ料理 »

ワイン - VINO」カテゴリの記事