« イタリア国営放送TV『RAI 1 UNO MATTINA ウノ・マッティーナ』に生出演 | トップページ | 『RISTORANTE SETTEMBRINI リストランテ・セッテンブリーニ』晩餐はワインセラーで »

2010/06/26

『ACCADEMIA AMERICANA アメリカン・アカデミー』で真夏のガーデンディナー

Dscn5396_1_2

ローマの高級住宅街にある『アメリカン・アカデミー』で行われた夏の
ガーデンディナーへ。アカデミーの会員や奨学生など、いろいろな国の
アーチストたちが集い同じテーブルを囲み、専属シェフモナさんの料理
を楽しみました。

モナさんの料理は野菜が中心。いつも素材のイキイキした新鮮さをたっぷり

感じられるメニュー。

Dscn5392_1

まずはディナー前のアペリティフから。

サクサクっと軽いパイ生地にジャガイモを薄切りにしてオープンで

焼き、ヴィネガーで軽くあえたルーコラをのせたもの。

イタリアではよくありがちなピザ生地ではなくパイ生地というのが軽さ

を出していておいしかったです。こういうところにもモナさんのセンスが

感じられます。

Dscn5393_1

こちらはパキーノトマトのクリームチーズとバジルの詰め物。

ほんの少しにんにくの風味が感じられます。モナさんのにんにく

の使い方もさりげなくてステキ。手にとってぽこっと口に入れられ

食べる人は片手にアペリティフのワイングラスを持っていることも

計算しているモナさん。

Dscn5395_1

こちらもパイ生地に卵のクリーム、ぺペローネ、ケイパーをのせたもの。

この素材同士のハーモニー。モナさんはアーチストです。

Dscn5399_1

ディナーが始まりました。

にんじんのスープ。舌触りもクリーミーで食べ応えのあるスープ。

Dscn5404_1

ハム入りマッシュポテトのオーブン焼。表面には香ばしくパン粉とチーズ

がのっています。こういう料理はアメリカでよくあるのでしょうが、こちらは

なんとも洗練されたお味。何が入っているのか、モナさんの腕にかかると

ただのサラダでも野菜はそれぞれにシャキシャキ感を発揮し、マッシュポテト

はどこまでもクリーミーにとけ、野菜の魔法使いです。

Dscn5405_1

ズッキーニとナスのソテー。濃い味のズッキーニとナス。

アカデミーの庭で採れたのでしょうか。歯ごたえ、塩加減ともに完璧。

Dscn5411_1

最後は手作りのアーモンドクッキーとミントティーで締めくくり。

モモとりんごのフルーツミックスも。

この長いテーブルのディナーでは横の席が、お琴の奏者でもありお琴を使った

サウンド・インスタレーションをしているというNY在住の日本人アーチストMIYAさん

向かいがフランス大使館に勤めるアメリカ人とフランス人のハーフMASSIMO氏

たまたま席が近くになった人と知らない土地や他業界の仕事の話をするのは

楽しいものです。

おいしい晩餐にアーチストたちとの会話、アメリカン・アカデミーならではの

ドリームナイトに悦楽!

*********************************

AMERICAN ACADEMY IN ROME

アメリカン・アカデミー・イン・ローマ

*********************************

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

|

« イタリア国営放送TV『RAI 1 UNO MATTINA ウノ・マッティーナ』に生出演 | トップページ | 『RISTORANTE SETTEMBRINI リストランテ・セッテンブリーニ』晩餐はワインセラーで »

パーティー・イベント - FESTA/EVENTO」カテゴリの記事