« ジャズコンサートは山頂の十字架の下で | トップページ | さらばサルデニア »

2010/06/16

『ANTICO CONVENTO ASARA アンティーコ・コンヴェント・アサーラ』で100年前のワイナリーへタイプスリップ

Dscn4814_1_2

カルテッリ村は小さな小さな田舎の村にもかかわらず、たくさんの
見所があります。
エノロセイ協会の会長トト・ファリス氏が100年も前から存在するという
古いワイン醸造所『ANTICO CONVENTO ASARA アンティーコ・コンヴェント
アサーラ』へ案内してくれました。タイムスリップしたような気になるシュールな
空間。

Dscn4823_1

その当時使用していた醸造器具やワイン容器のコレクションは見事です。

Dscn4834_1

ラベルがステキなアンティークボトルたち。
さすがにこの醸造場で作っていることはないのですが、今も隣の建物でワイン
造りをしていて白ワインを試飲させていただきました。
なんのブドウかはわからなかったのですがシェリーのような味でした。
このワイナリーではネッビオーロの赤ワインも生産しているそうです。
ピエモンテのブドウがこんなところで作られているのでしょうか。

トスカーナやウンブリアでも古い醸造機が並べられたワイン博物館を
訪れたことが何度かあります。入場料も設けられ、3ヶ国語のパンフレット
まであり、ドイツ人観光客で溢れていました。ここはそこに比べるとはるか
に田舎ですが、有名博物館よりももっとすごい規模のものがごろごろあって
それがさりげなく存在していました。

サルデニアの楽しさ、それは伝統の中にあったものが現在も生きていて
誰もがそれを手にとって間近で見られるということ。
イタリアの各地で”消えてしまった伝統”、”言葉や文章の中だけに存在する
伝統”をたくさん見てきましたが、サルデニアの地ではそれが現在進行形の
形で息づいているのです。

****************************

ANTICO CONVENTO ASARA

Via Giovanni XXIII 14/16
Caltelli Nuoro
Tel +39 349 4222780

****************************


人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

|

« ジャズコンサートは山頂の十字架の下で | トップページ | さらばサルデニア »

サルデニア」カテゴリの記事