« 京都祇園『NITI にち』 | トップページ | 京都世界の紅茶専門店『ラ・メランジェ』 »

2010/08/31

京都炭火と天ぷら『割烹なかじん』

201008_396_1

京都の話題の店めぐりは続きます。

炭焼きと天ぷらで知られる高倉六角にある『割烹なかじん』へ。

201008_395_1

京都では知られた食歴(!)の長いご主人中村氏のプロフィールは、

飛騨高山の出身。
血液型はB型。
43年の間、生まれも育ちもずっとそば屋だった(過去形)。
高校を卒業後、上野薮蕎麦で修行。各地でそば屋、料理長を経て1997年に独立。
1999年より京都市 東山三条 古川町で営業。
2005年京都 高倉六角にて「小豆家 うさぎ亭」を立ち上げ。
2006年、そば屋のカテゴリーを超えるため、「素料理」というジャンルを立ち上げ、店舗をリニューアルする。
2007年夏、そば粉に因る気管支のアレルギーを発症し、蕎麦の創作が困難となり、2008年初春「素料理 虚無蕎望 なかじん」閉店。舞台を「小豆家 うさぎ亭」に移し、営業。
2009年初春、熱い想いに駆られ「小豆家 うさぎ亭」から「炭火と天ぷら 割烹 なかじん」と店名を改め、リニューアル。
現在に至る。
ロックをこよなく愛し、あまり人が聞かないようなマイナーなグループが大好き。
趣味は食べ歩き、陶芸、映画、音楽、読書、料理などなど。
日本酒とワインが大好き。
やきとり等、酒のアテが主食。
天ぷら、すし、うなぎ、そば、とんかつ、やきとり等の専門料理を食べたり、つくったりするのが大好き。

201008_398_1

カウンター8席だけのお店はインテリア雑誌の中にいるような

素敵な空間。左の格子の引き戸の家具はなんとワインセラー。

201008_397_1

4800円の夜のコースは突き出しの「えびとおこげの

あんかけ」から始まりました。

ほっと心安らぐお焦げのなつかしい味。

201008_401_1

「前菜3種」。明太子と青じその生湯葉巻き、鱧の南蛮漬け、イタリア豆腐。

1人分の前菜を2皿にわけていただきました。こういう痒いところ

にも手が届くサービス!おかげでいろいろ味見できました。

イタリア豆腐が美味しかったです。豆腐にオリーブオイルと塩が

かかっています。ブルゴーニュのシャルドネをグラスで注文。

201008_402_1

前菜をもう1品。「蔵王放牧豚の角煮」。

これも1人分の半分の量です。こっくりした豚の角煮と

酸味の強いトマトのよく合うこと。

201008_403_1

「赤こんにゃくと枝豆の白あえ」。ワインがすすみます。

201008_405_1

ここでこのお店の看板料理「麦きり」。

面白いネーミングのこの麺、お蕎麦ではありません。

全粉粉とセモリナ粉を混ぜたもの。

もともとお蕎麦屋さんを営んでおられたご主人が蕎麦アレルギーに

かかられ、発案された料理です。

「これつぶれたらほんまに困ります。」と言われるように、もうこの世

に一台しかないのではと思われる古いアンティークの麺きり器で仕上げ

られた麺。つゆもありますが麺の甘みを楽しむためにまずは塩だけで

食べます。

201008_407_1

もちっとした歯ごたえで確かに甘みがあります。

断面が正方形の形も面白い。

201008_412_1

炭火でじわじわ焼いていただいた「丹波地鶏の炭火焼き」。

噛みつくとじゅわっとうまみが飛び出します。いい弾力。

塩とレモンで。

201008_414_1

鶏ももの部分。ジューシーです。

28082010_355_1

そしてこれ。コースには入っていなかったのでアラカルトで注文

した「ハモとウニの天ぷら」。

201008_422_1

このおいしさには言葉がありませんでした。神の恵みです。

201008_423_1

お漬物もおいしかった。

201008_425_1_2

これもこのお店で食すべき「自家製あんみつ」。

この寒天の透明感。

このデザートでコースが締めくくられました。

「本当に食べることが好きな人の料理」というのが感想です。

一つの素材をどうやって食べるのが一番おいしいか、何と組み合わせ

たらその風味をひき出せるのかなんかをいろいろ考案して作られた

感じがしました。でも‘じっくり考案‘も感じさせないようなシンプルさ

と潔さがあって、そのセンスのよさが素敵でした。

もし京都に住んでいたら毎週は着て全メニュー制覇したいな、とか

ランチもいいかも、とかまたまた夢の世界に浸ってしまいました。

****************************************

割烹 なかじん

京都市中京区高倉六角通り上がる西側

TEL 0752572288

***************************************

人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

|

« 京都祇園『NITI にち』 | トップページ | 京都世界の紅茶専門店『ラ・メランジェ』 »

京都レストラン - KYOTO LOCALE」カテゴリの記事