« ROMA→TOKYO→OASAKA→KYOTO | トップページ | フランス料理『LE BELLECOUR ・ル ベルクール』 »

2010/08/14

季節料理『ちくりん』

Dscn5901_1

ちくりんの暖簾をくぐるのは京都に帰るたびに一番の楽しみ。

京料理の基本のおいしさを思い出させてくれるお店。舌と胃をリセット

するために京都に帰ったらとにかくすぐに行く小料理屋さんです。

足を踏み入れるとカウンターの白木とかつおだしの混ざったなんともいえない

懐かしい匂いに疲れた体が洗われるようです。

Dscn5904_1

つきだしは鱧(はも)の照り焼きと冬瓜、小芋煮。

夏の京都の高級素材のひとつ鱧。

冬瓜も小芋も心がほっとするやさしい味わい。

Dscn5905_1

ここに来たら必ず食べるお手製イカの塩辛。

絶品です。

むっちりした新鮮なイカを使って、塩加減のやさしい上品な味わいに

仕上げられています。冷酒がすすみます。

Dscn5907_1

おつくり盛り合わせ。これも注文せずにはおれません。

Dscn5914_1

鱧の天ぷら。

鱧の天ぷらは鱧おとしや鱧しゃぶよりも好きな一品。

ふっくらとした白身を紫蘇で包んで香ばしく揚げています。

このおいしさには喉が唸りました。

Dscn5925_1

ふんわりとたっぷりかつおだしを含んだ出汁巻きたまご。

梅肉だれと。

Dscn5919_1

和牛のミニステーキ。ニンニクチップスとしょうゆだれで。

Dscn5929_1

つややかな白ご飯の匂い。

これはイタリア帰りの身にはこたえます。

ジューシーな水なすの漬物と。

このお漬物があればご飯3杯くらいおかわりしたくなります。

ご主人の古いイタリア映画のお話ももうこのお店になくてはならない

楽しみです。

夜中も蒸し暑い京都の夏。

懐かしい虫の声を聞きながら満足して帰宅。

********************************

季節料理 ちくりん

京都市左京区北白川別当町1

電話 075-721-6467

*******************************************

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
にほんブログ村

|

« ROMA→TOKYO→OASAKA→KYOTO | トップページ | フランス料理『LE BELLECOUR ・ル ベルクール』 »

京都レストラン - KYOTO LOCALE」カテゴリの記事