« 再会 | トップページ | 『BIG STAR』でツイン・ピークスな夜 »

2010/09/11

SLOWFOOD協会プレシーディオ認定牛肉の極上ハンバーガー

Dscn6398_1

蕎麦に冷麺、フレンチに懐石と、この夏日本で毎日いろいろな
カテゴリーの料理を食べ続け、ローマに戻ってきたとたんイタリア
料理一辺倒が苦痛。
そこに現れた救世主は、地ビールパブ「OPEN BALADIN」のハンバーガー。
このハンバーガー、只者でないのです。

ハンバーグの肉はスローフード協会でプレシーディオに認定されて
いるピエモンテの『CARNE DI GRADA グランダ牛』を使用しています。
これはクネオ県にある小さな地域で自然放牧されているGRANDA
生産者協会
の限られた生産による牛肉なのです。
プレシーディオとは抜粋すると「良質で、その土地の環境に適した動植物種又
はその土地の伝統的製法によって加工され小さな又は限られた生産者
が、現在消滅の危機にあるものを地理的にも歴史的にも特定の地域で
作る農作物を守ろうという趣旨で生まれた<味の箱舟>プロジェクト。
とりわけその中でも力を入れるべき食材をプレシーディオと認定して
います。」現在ではイタリア産プレシーディオ食材は177つあります。
その1つがこのハンバーガーに使われているグランダ牛。

Dscn6400_1

ハンバーガーを注文する時、店員さんが「肉の焼具合は?」とあたかも
ステーキでも注文したかのように聞いてくれるのもここ独特です。
ナイフとフォークでないと食べられないほど高さがあります。
パンの内側にもこげが少しあるくらい焼いてあって、そこにしみ込んだ
甘い自家製トマトケチャップと、このとろけるような肉のハンバーグを
同時に大口に入れる瞬間のシアワセ。
コレは絶対に病みつきになるおいしさです。
マクドナルドが『マックイタリー』とかどこかのファーストフード店が高級
バーガーとかやってますが、これは格が違いますね。
お値段はハンバーガー(7ユーロ)、チーズバーガー(8ユーロ)。安い。
同じくピエモンテ産の地ビール「BIRREIFICIO BALADIN社」の『ISAC』
(4ユーロ)と。

「BALADIN社」のテオ氏は90年代後半に始まったイタリアの地ビールブームを
起こした第一人者。
もともとは、クネオの小さな自分のビール工房で今までイタリアには存在しな
かったようなワインのような味わいの多様なビールをいくつも発表したことから

始まって、ロックコンサートが開かれる変わり工房の営業で注目されたのが

彼のはてしないアイデアで、いまやビールグラスやグッズのデザインからローマ

とクネオでのビッレリア開店、パスタなどの食品ブランドの立ち上げ、しまいには

ハマム付きのレストラン&ホテルのオープンにまで手を広げる近代の成功者。

そしてこの天才児にさっさと目をつけ投資した「EATALY」のファリネッティ氏の

ビジネス勘もまた、さすがの一言。

***************************************

OPEN BALADIN ROMA オープン・バラディン

Via degli Specchi 5/6

Tel 06 6838989

*********************************

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

|

« 再会 | トップページ | 『BIG STAR』でツイン・ピークスな夜 »

イタリアB級グルメ - GOURMET DI CATEGORIA B」カテゴリの記事