« 『SETTEMBRINI セッテンブリーニ』祝レストラン&カフェオープン | トップページ | ローマでお茶のセミナー&懐石ディナーの開催 »

2010/11/03

『BIRRA SARDA BARLEY サルデニアビール バーレイ』

Dscn7441_1_2

先週末からサマータイムになったイタリア。
1日の月曜が祝日で3連休もかかわらずあいにくの大雨。
すっかり冬の到来を感じる今日この頃。

そんなローマにはるばるサルデニアからやってきたトト・ファリス。
去る5月にサルデニアで行われた自家製ワインコンテストの主催者
ENOROSEIエノロセイ協会」の頭首であります。
奥さんのモニアと子供2人、サルデニアワインをトラックごと船に
乗せ、一晩かけてローマ入り。
トトの本業は八百屋さん。副業でエノロセイ協会を立ち上げ、毎年
コンテストを開催し、ワインショップも経営。さらには「ESPRESSO LA
GUIDA VINI D' ITALIA」のサルデニアワインのセレクトを担当する
という仕事人。コネよりも純粋な興味とやる気だけでここまできたという
なかなか貴重になりつつあるタイプのイタリア人。

ローマのサルデニアレストランで再会の食事をしたあと、どこかでワイン
でもということに。ところが祝日の夜。絶望的に開いている店が1軒もない!
と思いきや助け舟。「OPEN BALADIN」。さすがEATALYの経営者だけ
あって、365日無休!

トトも壁一面、天井までぎっしり並んだイタリア産地ビールを見て大喜び。
「サルデニアのビールを頼もう!」ということになりトトがイチオシのビール
を店員さんに聞いてみたところ、ありました。
『BIRREIFICIO BARLEY社』の「TUVI TUVI」。アルコール度数6,8%。
名前もラベルもかわいい!
モニアによるとサルデニアの村の方言がビールの名前になっているそう。
このバーレイ社はサルデニア島の南カリアリ市の近郊にある4年前にできた
地ビール工房。
あらゆる種類のビールを生産していますが、全て加熱殺菌なし、フィル
ターがけなし、瓶内で第2次発酵をするというシャンパンみたいなビール
なのです。グラスに注ぐと1、2グラスくらいまで少しにごっていました。
シトロンやカルダモモ、胡椒などの香りに、柑橘、杏、ハチミツのさわやかで
甘い味わい。作りだけ聞くと重い感じの味わいを想像しますが、飲んでみると
のど越しよく、コクのあるものの、心地よいさわやかさのあるビール。
脂の多い豚や羊の丸焼きにもよく合うそう。
という話をしていたら、また5月のサルデニアで食べたおいしい料理を
思い出し、あの地でしか味わえないご馳走の数々が脳裏によぎりました。

お母さんの手作りというサルデニアの郷土パン「パーネカラサウ」とこれまた
漁師さんの手作りの作りたてのボッタルガを大量にお土産に持って来てくれたトト。
昔ながらのイタリアのよさ、”人情”が残っているサルデニア。
「今度はいつ来るんだ?」と真剣顔での質問攻め。

次回どこかでの再会を約束して帰宅。

****************************

BIRREIFICIO BARLEY

ビレイフィーチョ・バーレイ

****************************

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

|

« 『SETTEMBRINI セッテンブリーニ』祝レストラン&カフェオープン | トップページ | ローマでお茶のセミナー&懐石ディナーの開催 »

ビール - BIRRA」カテゴリの記事