« 『BOLLINGER SPECIAL CUVEE ボランジェ・スペシャル・キュヴェ』 | トップページ | 『ANTICO FORNO ROSCIOLI アンティーコ・フォルノ・ロショーリ』のランチ »

2011/01/26

VERAおばあちゃんの『CROSTATA DI MARMELLATA ジャムのクロスタータ』

Dscn8581

去年の夏から約束していたVERAおばあちゃんのお菓子教室。
足の痛みが長く治まらず伸び伸びになっていたところ、昨日私の
家に突然現れ「今日やるかい?」と聞きに来てくれたおばあちゃん。
きれいに櫛の通ったまとめ髪と、よそ行き風の服装からおばあ
ちゃんがいつもより元気なことがわかりました。
急いでおばあちゃんちに行くと、すっかりもう材料の準備がされて
いました。

クロスタータは昔はどこの家庭でもお母さんが普段に作っていたジャム
のタルト。トラットリアのデザートにもでてくる素朴な焼き菓子です。

材料(直径25cmのタルト型3台分):

薄力粉  750g
たまご   3個
マーガリン 300g
砂糖    300g
ベーキングパウダー 25g
牛乳  適量
ジャム(好きな味のもの)350g

Dscn8583_1_2

まずはタルト型にバターを塗り、薄力粉を全体にまぶします。

Dscn8585_1

オーブンで焼く時にタルトがくっつかないようにするため。

Dscn8588_1

薄力粉を山のようにし、その真ん中に穴をつくり、ジャム以外の
材料を全て入れます。

Dscn8591_1

材料をまぜ、かたまりになったらゆっくりこねていきます。

Dscn8596_1

もう60年近くも使っている大切な木のまな板で手際よく生地
をこねるおばあちゃん。さすが50年の料理人の腕が生きて
います。固すぎると牛乳をいれ調節します。

Dscn8599_1

生地ができあがったら、アルミのタルト型に薄く伸ばした生地を
しきつめていきます。

Dscn8600_1

脇の部分も生地で囲うようにし、おわん型にします。

Dscn8603_1

ジャムをのせます。あまりたくさんのせると焼いた時に溢れる
ので350gが適量。私の大好きないちご味のジャムで。

Dscn8605_1

ジャムの上に格子のように棒状にした生地をかぶせていきます。

Dscn8614_1

120度のオーブンで20分ほど焼いてできあがり。
壁に貼られた聖人やローマ法王さんの顔がちょっといつもより
うれしそう。

Dscn8618_1

1台目が焼きあがって休む間もなく、時々訪ねてくる甥のために
あんずジャムのタルトにとりかかるおばあちゃん。

Dscn8623_1

料理をしている時が一番イキイキしているおばあちゃん。
その手際のよさを見ると、なんだか歳も若返って、かわいさ
溢れています。と、おばあちゃんに言うと「Va Fanculo !(バカヤ
ロウ!)」といつものローマ弁で一喝されてしまいました。

Dscn8625_1

いちごジャムにあんずジャム。このあとチェリーのジャムを使った
おばあちゃん自身用のタルトも1台焼きました。

上記には分量を書きましたが、おばあちゃんは全て目分量。
材料も”こだわりのジャム”とか”高級バター”ではなく市場で買った
どこにでもあるジャムとマーガリン。
こんな素朴な作りからできあがったおばあちゃんのクロスタータ。
その特別なおいしさはちょっと忘れがたい体験でした。

おばあちゃんいつまでも元気でいてね。

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

|

« 『BOLLINGER SPECIAL CUVEE ボランジェ・スペシャル・キュヴェ』 | トップページ | 『ANTICO FORNO ROSCIOLI アンティーコ・フォルノ・ロショーリ』のランチ »

料理レシピ - RICETTA」カテゴリの記事