« CHAMPAGNE YVES RUFFIN BRUT ROSE' PREMIER CRU | トップページ | 松竹梅「生酛純米 白壁蔵」を楽しむ会ローマ EVENTO DI SAKE 「SHIRAKABEGURA KIMOTO JYUNMAI」ROMA »

2011/06/27

CAROLYN STEEL-HOW FOOD SHAPES OUR CITIES キャロリン・スティール 食料による都市の形成

Dscn0596_1

建築家でもあり「HUNGRY CITY」の著者キャロリン・スティールさんを
講師に迎えた食のレクチャーを聞きにアメリカン・アカデミーへ。
「HUNGRY CITY」とは”食”というものが昔からどのように都市建設に
かかわっているかという視点で書かれた本で、古代ローマ時代には
食料調達、倉庫を確保するためにローマ帝国をアフリカまで広げよう
としていた話など、遺跡の写真付きで説明がありました。今まで千度
古代ローマの歴史の話を聞く機会がありましたが、こんな角度で知る
のは初めてで、いかに食というのが都市計画において重要であったか
というのを面白く学びました。

そのあとはキャロリンさんと一緒にアカデミーの奨学生やアメリカの
アーチストも交えての野外ディナーがありました。レクチャーだけで
終わらないところがいいですね。

Dscn0599_1

まずはアカデミーの農園でのアペリティフ。
アカデミーでは無農薬栽培で野菜を育てており、ここでできた野菜
をキッチンで使っているのです。
ミニトマトとアーモンドとミントティーでスタート。
このところローマは毎日30度以上あるのでキリット冷やされたアイスティ
で生き返りました。
木に成っているプラムをもぎ取ってかじっている人も。

Dscn0600_1

アーティチョークの花が咲いていました。発色のいい紫で造花
みたいなきれいさ。

Dscn0603_11

農園から建物の庭に移動するとディナーのテーブルが外に準備
されていました。

Dscn0581

枯れた木や野菜、果物などで飾られたテーブル、このテーブルセッ
ティング自体がアカデミーのアーチストの作品。

Dscn0594_1

メニューが壁に貼り付けてあります。よく見ると、パン屋さんの袋
を広げた上にメニューが書かれてありました。

Dscn0608_1

長い長いテーブルでのディナーの始まりです。

Dscn0607_1

豆と麦のスープから。ハーブがきいています。
アカデミーで食べるほど、おいしい野菜の料理はどの料理店も
右に出るものはありません。

Dscn0612_1

メイン料理は子羊のローストだったのですが、ナスとジャガイモ
の重ね焼にしてもらいました。トマトソースをかけてオーブンで
焼いてあるシンプルな料理なのですが、肉のように味わい深く
ジューシーなナスにたっぷりと甘いトマトソースがからめてあり
中にはナッツも入っていました。全く胃が重くなることなくさらり
と平らげてしまいました。このおいしさはさすがです。

Dscn0609_1

あらゆる野菜料理がたっぷりと出てきました。
ここに来ると、いつも野菜料理のバリエーションの豊かさに驚きます。
イタリアの一般的なトラットリアだと以外にいつも定番の同じ野菜料理
ばかりなのですが、これほどまでに野菜が豊かな国だからこそ
アカデミーのような野菜が主役のメニューが生きてきます。

Dscn0621_1

生クリームののった手作りジャムとクッキーのデザートでしめ。

昼間はかなり暑いものの、夜になるとこれほどまでに快適な気候は
ないというほどの気持ちよさ。
アーチストたちの会話を聞きながら更けていく宵を楽しみました。

*******************************************

HUNGRY CITY : HOW FOOD SHAPES OUR LIVES

CAROLYN STEEL

*******************************************

|

« CHAMPAGNE YVES RUFFIN BRUT ROSE' PREMIER CRU | トップページ | 松竹梅「生酛純米 白壁蔵」を楽しむ会ローマ EVENTO DI SAKE 「SHIRAKABEGURA KIMOTO JYUNMAI」ROMA »

パーティー・イベント - FESTA/EVENTO」カテゴリの記事