« 『割烹よしこ In ROMA』 | トップページ | マンドゥーリア『ATTANASIO アッタナーシオ PRIMITIVO DI MANDURIA - DOLCE NATURALE 2008』 »

2011/08/31

プーリアで夜中のタコ屋台

Dscn7466_1

この国で一番心が熱くなる地、プーリアへ。
このイタリア半島のかかとの部分に位置する、古代ギリシャ文化
が深く根付いた自然の大地。
イタリア全国”食の宝庫”とよばれるところがたくさんあります。
シチリア、ピエモンテ、ウンブリア。でもプーリアの食の豊かさ
というのはちょっとそれらとは一線を引く感じです。
オリーブオイルにアーモンド、イタリアでは珍しく生で食べるムール貝から
ポドリコ牛など名物と言われる食材がありますが、一般的な食物でも

どの地方より圧倒的に素材の風味が濃い!そんな素材から作る料理

は単純でも感涙するおいしさ。プーリアにしばらく滞在し、ローマに戻る

と何もかもの味が薄く感じます。野菜も肉も味が薄い。「プーリアで舌が

やられた!」って感じです。ただ単に濃いのではなく食感や香りにも迫力がある。
この地ではそのへんの雑草を引き抜いて食べてもおいしい感じです。
たとえばおいしいジャムひとつ作るにしても、ローマや他の地であれば
まず質のいい果実を探すことから始まり、そして砂糖を入れて煮込み
ますが、プーリアであればそのへんの野原に成ってる木いちごをつんで
砂糖も入れずに煮込んだだけで、極上のジャムができるというような
恵まれた地面があるのです。調味料も添加物もなし。
エコにビオ。この地でそんな言葉は無用です。

ローマから車で6時間半。アドリア海側のちょうどバリとブリンディシの間
SAVELLETRIサッヴェレートリという小さな漁村に到着。海岸には
深夜というのにたくさんの家族連れがバーベキューをしていました。
昼間は暑すぎるので夜中にピクニックをしているのでした。
小腹がすいたので、名物のタコを食べに。

海岸の上にそのままプラスチックのテーブルとイスが置かれただけの
ものすごいローカルスタイルのレストランでタコのグリルをモリモリかぶり
つき!タレはオリーブオイル、塩コショウにレモンとお酢を混ぜたもの。
冷えたビールと波の音。極楽ー!

Dscn7472_1_2





 

|

« 『割烹よしこ In ROMA』 | トップページ | マンドゥーリア『ATTANASIO アッタナーシオ PRIMITIVO DI MANDURIA - DOLCE NATURALE 2008』 »

プーリア レストラン - PUGLIA LOCALE」カテゴリの記事