« チェーリエ・メッサーピカ『CIBUS チーブス』 | トップページ | 『CASA D'AMBRA BIANCOLELLA カーザ・ダアンブラ ビアンコレッラ 2010』 »

2011/09/17

ローマ下町食堂『DA ENZO AL 29』より

Enzo_1

ローマの下町トラステヴェレにある庶民派トラットリア『DA ENZO AL 29』
からメールが届きました。
何かと思うとブログにのせてくれてありがとうというお礼と、そこに記載さ
れている電話番号が違うので直してほしいという依頼。この日本語での
ブログをチェックして丁寧にメールしてきてくれ、ローマーノにしては日本
人のような細かい対応でびっくり。

ちなみに2010年3月12日に掲載した『DA ENZO』の記事はこちら。
http://buonaforchetta.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/da-enzo-3e80.html

長らく行ってないのですが、おそらくこのお店経営が変わったのでしょうか。
確認してみたところ、ブログに掲載した電話番号は昨年のショップカードの番号
通り。お店の名前もよく見たら変わってる!また新しくウェブも開設したそうで
うむ、これはオーナーチェンジの気配あり。

『DA ENZO』は12畳くらいの本当に小さなスペースで、壁には子供がクレヨンで
描いた絵がいっぱい貼ってある、近所の人の居間におじゃましたようなお店。
黄色の濃いカルボナーラに脂っこいトマトソースのかかったくたくたのテールの
煮込み、芯まで味の染み込んだ巨大なアーティチョークローマ風など、料理は
昔ながらのコテコテのローマの定番メニュー。全部が安くておいしい。
というのが1年前までの記憶なのですが、今はもしかして変わっているのかも。
ローマでは、こじんまりと経営していたトラットリアが急にリニューアルして
テーブルクロスがお洒落になり、お皿の上の料理の量が少なくなり、中身よりも
飾りのパセリが増えて、お値段も上昇し、反対に味がどんどん落ちていったという
お店をちょくちょく見かけます。
トラステヴェレも観光客には欠かない地区であり、客の入りには困らないであろう
『DA ENZO AL 29』。壁のクレヨンの絵が剥がされて、へんなモダンアートが飾られて
いたらイヤだなー。店員たちがみんな洒落た制服になってたらがっかりだなー。
アーティチョークの大きさが半分くらいになってたら悲しいなー。

近いうちに行ってみようっと。

P.S. 過去記事のデータは当時は正しいものなのでそのままにしておきます。
ロベルトさんごめんね。

**********************************************

DA ENZO AL 29  ダ・エンツォ・アル・ヴェンティノーヴェ

Via dei Vascellari 29  Trastevere
Tel 06 5812260

**********************************************





|

« チェーリエ・メッサーピカ『CIBUS チーブス』 | トップページ | 『CASA D'AMBRA BIANCOLELLA カーザ・ダアンブラ ビアンコレッラ 2010』 »

ローマレストラン - ROMA LOCALE」カテゴリの記事