« トスカーナ キャンティ・クラッシコの夕暮れ | トップページ | ラモ 天国へ  »

2011/10/31

ローマの老舗料理店『CHIECCHINO DAL 1887 ケッキーノ・ダル・1887』

Dscn8294_1

聞けば誰もが「あ、あの老舗ね。」と答える『ケッキーノ』。
テスタッチョ地区にある由緒正しいローマ料理のリストランテ。
1887年創業、明治時代からあった料亭です。
ここは店内の雰囲気からしてトラットリアでなくリストランテ。
給仕スタッフも全員が熟年のおじさん、まぶしいほどに白いカメリエ
ーレコートに黒の蝶ネクタイ。レストランとはこういう目から入る演出
も食欲を盛り上げますよね。

Dscn8296_1

経営者のフランチェスコ氏。ワゴンの上で慎重にワインをサーブ
してくれます。

Dscn8297_1

ジャコモ・タキス氏に因むことあってトレンティーノの銘酒
「TENUTA SAN LEONARDO」の『SAN LEONARDO 2000』を注文。
この店のワインリストはなかなか値段が妥当。他店がいかにワイン
リストに手数料をのせすぎているかということがわかる価格帯。
それにしてもこの2000は素晴らしいヴィンテージでまさに今が
飲み頃。カベルネソーヴィニオンが主体だけれど、鉄っぽい
どしんとした重さがなく、ブルゴーニュのようにスイスイ飲めたのは
驚き。デカンタはせず、グラスの中での七変化を楽しみました。

Dscn8302_1

注文したのはトンナレッリという卵入りの手打ち麺に牛テールを
煮込んだトマトソースを絡めたもの。トマトソースが甘くほろほろ
の肉片がところどころにあり、これは間違いなく絶品。このお店
を紹介してくれたローマの友人が「絶対オススメ」と言っていたの
が納得!

Dscn8300_1

こちらもローマ名物パスタの『グリーチャ』。アマトリチャーナの
トマトソースなし版。豚のグアンチャーレにペコリーノロマーノ
黒コショウであえたパスタ。

Dscn8308_1

セコンドには牛テールの煮込み。やはりこれは外せません。
牛テールをセロリとともにトマトソースで何時間も煮込んだもの。
やわらかく開いて芳香を放つ『SAN LEONARDO』と絶妙に絡み
合っていました。

Dscn8307_1

ローマならではの野菜プンタレッレ。オリーブオイルにアンチョビ
とにんにくをペーストにして混ぜたものであえてあります。
パリパリシャキシャキした食感で、これ病みつきになります。

Dscn8312_1

フランチェスコ氏の兄弟で共同経営者でもありシェフのエリオ氏。
レストラン地下にあるワインセラーに案内してくれました。
このセラーは古代ローマ時代にギリシャからの輸入港であった
テスタッチョ地区ならではの遺跡セラーです。当時ギリシャからの
輸送用容器に使われていたレンガ質の壷は港に到着後バラバラ
に割られ、この地区一体ががれきの山だったのですが、そのがれき
を洞窟のように掘って作られたのがこのセラー。奥に積み上げられた
がれきが見えます。ここに埃をたっぷりかぶったオールドヴィンテージ
のイタリア&フランスワインがごろごろころがっていました。

Dscn8321_1

サッシカイアの1968が!これはこの銘酒初リリースのヴィンテージ。
2本のうち1本が空瓶だったので「あッ誰か飲んだのですね」と言うと
「へへ僕だよ。」とニヤケるエリオさん。

こんな楽しいオプションまである歴史的レストラン『ケッキーノ』。
ローマには星の数ほど郷土料理のトラットリアがありますが、これほど
正統派の質のいいローマ料理というのはなかなか貴重な存在。
味よしサービスよしでこれからも行きたいお店。

*******************************

CHECCHINO DAL 1887
ケッキーノ・ダル・1887

Via di Monte Testaccio, 30  Roma
Tel 06 5743816

*******************************


|

« トスカーナ キャンティ・クラッシコの夕暮れ | トップページ | ラモ 天国へ  »

ローマレストラン - ROMA LOCALE」カテゴリの記事