« ローマ郊外『OSTERIA IOTTO オステリア・イオット』 | トップページ | BOURGOGNE NIGHT »

2012/04/14

BAROLO NIGHT

13042012_001_1_2

ワインコレクターのパオロ宅にてバローロの飲み会。
パオロは某企業の人事部長。ワインには何の関係もない仕事
をしているけれど趣味はワイン収集。マンションの1室をセラー
にしたこの部屋、1年のうち半分はクーラーつけっぱなし。
オーブリオンなどの5大シャトーからイタリア高級ワインマッセート
の年代ものまでぎっしり。この部屋をみせびらかしたのはいいけど
「バローロだけじゃなくもっといいワインあけろー!ケチ」と来客から
騒がれていたパオロ。

13042012_008_1_2

パオロの友だちもみんなそれぞれワインを手にやってきました。
その中でワイン商のジョルジョがもってきたのがこのバック。
ランドセルみたいな黒皮のカバン、なんでしょう。

13042012_006_1_2

ワインケースでした!
2本入るこのバック、中はスエード製。ちょっとお棺みたい
ですがこんな高級感のあるワインバックはじめてみました。

13042012_013_1_2

8名であけた7本のワインがこれ。

Gosset - Blanc de Blanc
Louis Moreau - Chablis Grand Cru 2006
Domenico Clerico - Barolo 2007
Gaja - Barolo Dagromis 2006
Gaja - Barbaresco 2004
Elio Grasso - Barolo 2004
Conterno Fantino - Barolo 2002

13042012_018_1_2

最後におまけで出てきたのがこのワイン。
テスタマッタで日本でもよく知られるビービー・グレーツの
『SOFFOCONE DI VINCIGLIATA 2009』。
ビービーが美術学校時代に描いたというアートラベルがよく
紹介されますが、みんなこのワインの名前の意味は知って
いるのでしょうか?そのエゲツナイ意味を知り、ちょっとふき出し
ました。

集まった友だちはみんなワイン古豪ばかり。でも誰もワイン
ウンチクなんかをたれずに、ただただたのしく飲み明かしました。

それにしてもみんなの飲みっぷり。各自他人になんの遠慮なく自分

のグラスにドボドボ注ぐ酒豪たち。酔っ払う人も1人もなく、また次回

の飲み会でって感じでお開き。

|

« ローマ郊外『OSTERIA IOTTO オステリア・イオット』 | トップページ | BOURGOGNE NIGHT »

ワイン - VINO」カテゴリの記事