« スロベニアワインに萌え『MOVIA モヴィア』 | トップページ | ワインのへそのう »

2012/04/27

『割烹よしこ』の鯛めし

27042012_066_1

友人のあいだで待ちに待っていた、よしこさんから夕食のお誘い。
イタリアにてまさに日本の料亭にいるのとまったく同じ体験ができる
という、和食の聖地『割烹よしこ』へ。マンションのドアがあいて一歩
踏み入れると白木のカウンターと魚を焼く匂い。あちこちに無造作に
センスよく飾られた季節の花々といっしょによしこさんが迎えてくれま
した。

イタリアの旬の食材と日本のこだわり調味料でていねいに仕上げた
あらゆるご馳走がこれでもかというほどでてきたあと、本日のメインは
朝市で仕入れた新鮮な鯛と、日本から到着したばかりの精米機で精
米したての米を土鍋で炊いた鯛めし!くつくつと火にかけられていた
鍋から出汁の蒸気がぶわーっと噴いて出来上がり。
ふんわりしっとりとした鯛の身をお箸でくずして、いい出汁のしみ込ん
だごはんに混ぜ込むときのこの匂い。鯛は米と炊く前に火であぶって
ついた焦げ目が香ばしさをかもしだし、いいアクセントに。鍋底のごは
んのおこげがこれまたいい仕事してます。こんなものをローマで食べ
られると思っていなかったので感動もひとしお。
みんな涙目でたいらげました。

イタリアも日本と同じく海に囲まれた国。魚はおいしいといえど日本
の魚介類の多様さと新鮮さには劣るものがあります。たとえばマグロ
やイカ、イワシなんかはなかなかあのイキイキと今にも跳ねるような
新鮮なものは一般の魚屋ではみかけません。魚屋に行くと魚屋の
おやじに「サシミ!スシ!」とマグロをよくすすめられるのですが、色
も悪いし生臭い。一方イタリアの魚でこりゃうまい!と思うのは、スズ
キや鯛。
イタリアの家庭ではスズキや鯛は丸ごと買ってオーブン焼きにするの
が一般的ですが、よしこさんの鯛めしでも本領発揮した地中海産の鯛。

ローマにある『割烹よしこ』は和食の殿堂であるからこそいつもの日常とは
まったく異なる空間。古い日本の家具や陶器に囲まれて、普段とはまた違う
時間と空気が流れているようでした。

27042012_052_1_2








|

« スロベニアワインに萌え『MOVIA モヴィア』 | トップページ | ワインのへそのう »

おうちランチ&ディナー - CUCINA DI CASA」カテゴリの記事