« ウンブリア週末バーベキューパーティー | トップページ | コーヒーとイタリア人 »

2012/07/29

ローマワイン狂の宵

2807_038_1

昼間は猛暑でも少し夜は涼しくなるローマ。
ワイン商を営む友人クリスティアーナ宅のテラスでおうちディナー。
元舞台女優のクリスティアーナは誰もが振り返るその美貌もさること
ながら、すごいテイスティング能力の持ち主。

モダンアートがさりげなく飾られたリビングの壁一面にはレストラン
顔負けの豪華ワインセラーが。
そして酒豪の友人5人で飲んだワインはダブルマグナムボトル2本に

このピエモンテワイン2種。

GAJAガヤ 「SORI SANLORENZO 2007」
GIACOMO CONTERNOジャコモ・コンテルノ「BAROLO CASCINA
FRANCIA 2006」

この2本を同時に飲み比べ。
どちらもブルゴーニュと同じくらいの価格のするイタリアを代表する
高級ワイン。どちらもネッビオーロ。
にもかかわらずこの2本、両極端に違う表情を見せてくれました。

ガヤはもうグラスに注いだ瞬間から香りの広がりが鮮やかで、赤い果実
味とまろやかでやわらかいタンニンが見事な仕上がり。
完璧なワインと言えるけど、逆を言うと完璧すぎるのが欠点かも。
一方コンテルノのバローロはグラスに注いでもガヤのようにすぐに香りが
立ち上ってくるような勢いはないものの、その後時間とともにアロマの
グラデーションがものすごい変化をみせて、ネッビオーロ独特の酸味と
終わりのないエレガントさを表現。
1本はボトルをあけた瞬間から最後まで一定のおいしさで、驚きはないが
安心して飲めるワイン。
もう1本はボトルを開けた瞬間はベールをかぶっているけれど時間ととも
にゆっくりと意外な展開をみせ驚きを与えてくれるワイン。
この2本は色からして紫っぽいルビー色とガーネット色でまったく違うワイン
でしたが、プロのワイン狂たちはこの違いについて、なぜ違うのか、なにが
違うのか、などなど白熱した議論を展開しているのでした。
イタリア人のサッカー狂も話に終わりがなく、この人たちいつまでしゃべって
いるんだろう?と思うことがよくあるけれど、今宵の集まりも同じこと。
そこには正解も間違いもなく、答えを探すのではなく、”ウンチクを語る”という

ような生やさしいものではなく、ワインが好きすぎておもしろすぎて、飲んで

いるワインに対し自分の意見を言わずにおれない!というような熱い想いが

あふれているのでした。

クリスティアーナ宅のテラスにてワイン狂たちと朝の3時まで飲みつくした
ローマの夏の週末。
いやー楽しかった!!!





|

« ウンブリア週末バーベキューパーティー | トップページ | コーヒーとイタリア人 »

ワイン - VINO」カテゴリの記事