« 『GRANITE DA ALFREDO』アルフレドのグラニータ | トップページ | 『FESTA DEL FUOCO STROMBOLI』 炎の祭 ストロンボリ  »

2012/09/17

『CHIOSCHETTO DI SILVIO』キオスケット・ディ・シルヴィオのグラニータ

Dscn4533_3_640x473

「やはりダ・アルフレードのグラニータはうまかったなー」という話をしていたら、地元の

おじさんに「それではまだまだ修行が足りぬ」と連れていってもらったサリーナで最高の

グラニータの店。シルヴィオさんの経営するキヨスク。サリーナ島の一番大きな港サンタ・

マリーナ港の広場にある。今でこそこの広場のまわりにはたくさんのバールがあるけれど

喫茶店といえば昔はここ一軒しかなかったそうな。ダ・アルフレードのようなハデハデ看板もないので

わかりにくいけれど、ここのグラニータははっきり言ってダ・アルフレードのものは比べ

ものにならないおいしさだった。

Dscn4524_446x640

桃のグラニータ。桃が大好きなのでいつも桃を注文してしまうのだが、この店に

連れてきてくれたおじさんは「断然スイカがうまい。」と言い切っている。でも桃を注文。

あのダ・アルフレードのものよりもさらりとした食感で、上品な仕上がり。桃はおいしかった

けどおじさんが注文したスイカ味はもっともっとおいしかった。

Dscn4526_452x640

スイカのグラニータはなにか水っぽい味わいをイメージしていたのだけれど、これは

想像を超えていた。果実のスイカのまんなか、つまり一番甘いところを冷やして

食べているようなフレッシュな風味で、またきめの細かさといったら、どうやって

このような食感がつくりだせるのか。砂糖の甘さ、氷の水っぽさは一切

ない。こんな小さなキヨスクでこれほどレベルの高いグラニータをなにげに売っている

のもすごい。1杯2,5ユーロなり。何杯でもおかわりしたい!

Dscn4521_640x480_640x480_2

ブリオッシュとよばれるパンにグラニータをはさむという食べ方もある。

こちらはパンナ(生クリーム)のせで。

これもおいしかったけれどスイカにはかなわなかった。

グラニータというスイーツにこれほど感動したのははじめて。こんなレベルの高い

デザートを出しているイタリアのレストランを思いつかない。

|

« 『GRANITE DA ALFREDO』アルフレドのグラニータ | トップページ | 『FESTA DEL FUOCO STROMBOLI』 炎の祭 ストロンボリ  »

エオリア諸島 - ISOLE EOLIE」カテゴリの記事