« ISOLA SALINA サリーナ島へ | トップページ | サリーナの魚屋 »

2012/09/13

風の島サリーナ

Dscn5042_640x480

エオリア諸島の名前の由来、それはギリシャ神話に出てくる風の神”EOLO”。

海底の火山層がボン!と大爆発して誕生した7つの島はギリシャ神話の神様がいまだに

宿っています。1日中そよ風がふいている日もあれば暴風の日もあるのですが、とにかく毎日

1日中風がふいています。ここに滞在して驚くのは気温が30度を超す日でもまったく

汗をかかないこと。日差しはローマのそれより強く、日に日にすごい速さで肌の色が変わって

いくのですが、それでも汗はまったくでません。だから暑くとも体が疲れない。これは不思議な

体験です。なぜか夜も深く快眠でき、この島に来た人みんな自分の体調に驚きます。

たしかに夏のローマや京都でじっとりと汗をかいて疲労していた自分の体が別人のよう。

エオリア諸島のどの島でも島の人々の生活はその日の天気で大きく変わります。

だから島の人々は朝起きたらまずは海と空を見て、それからその日の予定を決めます。

明日の予定は明日に決める。今この時間を生きる。そういう生活です。

水をはじめとして島の生活物資はすべてシチリアから船で運ばれます。強風がある日は

波が高くなるので船はでません。それが何日も続くと水不足になります。島の人の生活は

風次第です。

写真は今滞在しているエオリア諸島の中で2つ目に大きな島サリーナ。人口2300人。

島の長さは26,4km、この小さな島の中には3つの火山があります。こんな小さな場所に

900メートル級の山があるので実際の数字以上に高く見えます。その山の傾斜の最後は

海につながっているので、広い平地はほとんどありません。諸島の中でももっとも

緑の多いこの島では、ブドウやオリーブの栽培がさかんです。甘口ワインの『マルバシア・ディ・

リーパリ』やケイパーなどいろいろな名産品があります。

1994年に制作されアカデミー賞外国映画賞を受賞したイタリア映画『IL POSTINO イル・

ポスティーノ』が撮影された島でもあります。

Imagesca3vhksw_3


|

« ISOLA SALINA サリーナ島へ | トップページ | サリーナの魚屋 »

エオリア諸島 - ISOLE EOLIE」カテゴリの記事