« LIPARI 『RISTORANTE FILIPPINO』リストランテ・フィリッピーノ リーパリ | トップページ | サリーナ島のネコ »

2012/10/13

映画『IL POSTINO』イル・ポスティーノのロケ地をたずねて

Dscn0388_1

サリーナ島にポッラーラという地区がある。
まわりを高山に囲まれ、真正面にはコバルトブルーの海を臨む
すごいローケーションに位置する小さな村。
ここに大好きなイタリア映画『イル・ポスティーノ』の撮影が行われた
海岸がある。村の青年マリオが敬愛するチリの詩人パブロ・ネルーダ
に贈る波の音を録音した場所。その海岸は高い絶壁に囲まれ、がけ
崩れの危険があるため、今は立ち入り禁止になっているけれど
ちょうどこの上の写真の陸地が終わっている下にその美しい海岸がある。

『イル・ポスティーノ』はナポリ近郊のプロチダという村でもロケが
行われたが、サリーナ島のポッラーラでは海岸とパブロ・ネルーダ
が滞在した家のシーンが撮影された。
この詩人の家がまだそのまま残っているということをサリーナの島の
人に聞きつけ、いざポッラーラへ!

Dscn5534_1

意気込んでポッラーラ村に着いたのはいいけれど、はて、どんな
形の家だったか思い出せないのである。最後のあの映画を見た
のは半年以上前だから記憶もあいまいで、どの家を見ても撮影
に使われた家に見えてくる。
とはいえ、島の人に大体の位置を教えてもらってはいたし、存在
する家の数自体かなり少ない。
木に隠れるようにして見つけたこの家。ベランダの感じがそっくり
ではないか!?「これだー!!!」と思い抜き足差し足で近くまで
行ってみた。でもちょっと小さいような気がする。映画ではもっと
家の部分が広かったような。。壁の色はくすんだオレンジだったけど
塗り替えられたのかな?
家の近くまで行ってじっくり確認したいものの、一応個人の邸宅
なので不法侵入になる。

Dscn5536_1

その近くにあるこの家も怪しい。
でもテラスの部分がこれほど狭くなかったような。。。
崩れたドアのところに【VENDESI】売出し中とある。
映画に使われた家は数年前に買い取られたということだったので
これではないはず。

もう炎天下で歩いて探し続けるのも疲れてきて、ポッラーラのバス停
に村のお兄ちゃんたちがやっている、小さなキヨスクみたいなバール
のできそこないみたいな小屋があったので、そこでまずはビールでも一
杯飲んで休もうということになった。
そこで聞いてみると、自分たちが探していた場所はぜんぜん的外れ
で、もっと坂をはるかに下って行った海の手前にある一軒家がそれだ
ということであった。
なーんだ!ということで冷えたビールとパニーノで腹ごしらえをし、いざ
再出発。

Dscn5560_1

「あったー!!!」
と喜んだものの、ほとんど見えない。。。
家の周りにたくさんの木を植え隠れ家のようになっているあこがれの
詩人の家。
写真の中央に見える肌色の四角いものがそれ。
坂を上ったり下ったり必死にやってきたわりにテラスも入り口も見えなかったけれど
ちょっと感動!「ここだったのかー!」
帰り道、この家の近くで息をのむような美しいポッラーラの海が見渡せた。
その海からは映画でマリオが録音したのと同じ波の音が聞こえてきた。

Dscn5570_1






|

« LIPARI 『RISTORANTE FILIPPINO』リストランテ・フィリッピーノ リーパリ | トップページ | サリーナ島のネコ »

エオリア諸島 - ISOLE EOLIE」カテゴリの記事