« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012/11/30

宣伝しない店『ROMEO』ロメオ

Dscn6181

このところローマに続々と新しいお店がオープンしています。
その中でも一番話題になっている店、今誰もが「行った?」と聞くのが
『ROMEO ロメオ』。2週間前ほどにオープンしたできたてほやほや。
で、行ってきました。ディナーに。
なぜにこれほど話題になっているかというと、このお店は日本でも有名に
なりつつある『ロショリ』のオーナー兄弟と、トラステヴェレの1ツ星レストラン
グラス・オステリア』の女性シェフクリスティーナ・ボウエルマンのコラボレー
ションで誕生したお店なのです。
場所はコーラ・ディ・リエンツォ通りの近くにあるわき道に、ひっそりと。
これがですね、入り口は地味なのですが中に入るとその広さとモダンな
インテリアに驚きます。もともと車の修理工場だったそう。
壁やテーブル、椅子は黒で統一。テーブルクロスはなくプラスチック
の黒いマットのようなものがテーブルセットに使われていました。

Dscn6183

『ロメオ』のいいところはいろいろな使い方ができるところ。
ロショリの厳選食材販売コーナーがあり、買い物だけでもできるし
アペリティーボ、ランチ・ディナーと自分の用途にあわせて好きな
時間に来店できます。
イタリアで小売販売コーナーと食事ができるところが一緒になって
いるお店は比較的少ないのです。

Dscn6186

メニューは『ロショリ』と同じく極上のモッツァレッラや高級生ハムの盛り合
わせあり、ボウエルマンによるオリジナル性の高い、でも基本のしっかりし
た料理ありで、なかなかよい!
店内が暗くて写真がわかりづらいのですが、注文したのは牛ホホ肉の
煮込みと栗とジャガイモのピュレ添え。
ほろほろにやわらかく煮込んであり、でもしっかり肉のうまみもジューシー
に含まれていて満足の一品。
実は「アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ+パネットーネ」というパスタ料理
が食べてみたかったのですがあまり胃の調子がよくなかったことがあり
パス。次回はこれを食べてみたい。

Dscn6188

ワインはレトロなラベルが気に入ったモンサントの「キャンティ・クラシコ
・リセルヴァ2008」。ブーケが素晴らしく期待させられたわりに、割と
重く硬い口当たり。なんだこのアンバランスさは?という感じのワイン。
飲み越しにボディ感がありすぎてグラス2杯しか飲めなかったのが残念。
まだ飲むのが早かったのかなあ。
このところ飲んだあと、食べた後に胃がもたれやすくなっているので
いかに体内に重く残らないかがおいしさの判断基準になってきた。

このお店でいい印象を受けたのは若いスタッフたちのサービス。積極的
だけどでしゃばらず、遠くからでも目を配らせるというような、ローマでは
ほとんどありえない対応。よほどしつけられているのでしょうか。
この前の9月に東京のデパートでフェアを行ったロショリ。大盛況だったそう。
その仕事で東京に行ってきたというカメリエーレが来年3ヶ月日本を旅行す
るという計画をしていて、それほど日本の虜になったという話をしてくれました。

車で来る人には大朗報なのが、このレストラン駐車場があるのです。
食事をする人は無料でとめられます。『ロメオ』はものすごい賃貸料
を払っているそうですが、なるほど、駐車場を持ってるからなんですね。
でもこれがローマという街でレストラン経営を成功させる鍵。
どんなおいしい店でも駐車できる場所がないので、お店に着いたのは
いいけど、誰かが出るまで店の周りを延々にぐるぐる運転し続けなけ
ればならないという拷問が多々起こります。これは客足が遠のくんですね。

1年以上前からオープンの噂のあったこのお店。
実は内緒内緒でオープンしたのです。
それが彼らの宣伝方法だったんですね。
これが見事にあたってローマノたちに噂が一挙に広まったというわけ。

Dscn6184

********************

ROMEO Chef & Baker

********************

|

2012/11/21

『PIZZERIA REMO 』ピッツェリア・レモのマルゲリータ

Dscn6161_480x640

長年住む地元テスタッチョのことはなんでも贔屓目でみてしまう傾向にあります。でも先日

グルメ友達といっしょに、テスタッチョ一と自他共に認めるピッツェリアに行ったところ、その

友達もがその後何日も何日もここのピザの話ばかりするほどやっぱりおいしかった!!!

その劇的においしいピッツェリアがここ『REMOレモ』。ものすごーく普通のピザなのですが

ローマにたくさんあるピッツェリアの中で一番おいしいと胸をはって言える店。

イタリアのピザは地方によって厚みが変わりますが、ローマのはおせんべいみたいに

うすーいピザ。ナポリのピザみたいなモチモチ感はないのですが、それがまた好きなとこ。

釜に入れているところを観察してみると本当に一瞬しか焼いてません。

だからかサラっと食べられて胃にもたれません。

Dscn6165_640x480_2


ナポリ(トマトソースとモッツァレラにアンチョビをのせたもの)とかカプリチョーザ、ズッキーネの

花とアンチョビ、4種類のチーズなどいろいろ目移りしても、やっぱりいつも注文してしまうのが

一番シンプルなマルゲリータ。トマトソースとモッツアレラ。これサイコー!

熱々を一口かじると、じゅわーっとモッツァレラチーズがトマトソースに溶け出した液体が流れ

出るのですが、その味わいのおいしいこと。なぜかここのはモッツァレラがナチュラルヨーグルト

のようなさわやかでフレッシュな酸味があって、トマトソースも甘酸っぱく、シンプルさのなかに

完璧に計算された何かがあるのです。生地は口の周りが白くなるほど粉っぽいのですが、おい

しい粉の味がします。淵の焦げ目も香ばしいくていいアクセント出してます。

1人分でも大きいので最初は必ず「絶対ムリ!」と思うのですが、意外に軽くぺロリといってし

まいます。何年か前にここで一時修行していた大阪出身の日本人がいたのですがその後

どうしているのかなー。

Dscn6168_479x640

******************************

PIZZERIA REMO

Piazza Santa Maria Liberatrice 44

Testaccio  Roma

Tel 06 5746270

*****************************:

|

2012/11/18

PALAZZO FARNESE フランス大使館でローマ映画祭のカクテルパーティー

Dscn6156_640x480

ボンソワ!

日本ではイタリアの映画祭というとヴェネツィアのものが知られていますが、実はローマでも

毎年秋の恒例のローマ国際映画祭があります。その映画祭に出展されるフランス映画の

プロモーションパーティーがフランス大使館で行われました。ローマには世界中の大使館が

ありますが、その中でももっとも豪華な大使館がこのPALAZZO FARNESEファルネーゼ宮

内にあるフランス大使館。ちょうどカンポ・ディ・フィオーリ広場のすぐ裏、ファルネーゼ広場に

ずっしり構えています。

この館はちょうどイタリアルネサンス時代に建設されたもので、カラカラ浴場やヴィラ・ティボリからその

資材が調達されたり、ミケランジェロの手もかかっているというなんとも贅沢な宮殿なのです。

イタリア在住のフランス人はここでパスポート更新なんかをしているわけです。

‘役所‘という言葉がこれほど似合わない役所はないですね。

Dscn6136_640x480

ファルネーゼ広場はセルジョの店に飲みに行く時はもちろん、このあたりのレストランに

行く時に本当によく通る場所なのですが、ファルネーゼ宮の中に入って初めて上から広場

を眺めることができました。わー映画のセットみたい!

噴水も上から見ると本当にきれいな形をしているんですねえ。

Dscn6133_470x640

フランス大使と女優さんに映画監督の挨拶。日本からも映画のバイヤーが何人か来て

いました。

Dscn6138_640x479


広場からこの建物を眺めたときに、館の正面門の上の大窓から壁のすばらしいフレスコ画が

見え、うっとり眺めてしまうのですが、これが大使のお部屋。イタリア文化遺産の美術館の中

で仕事をしているようなもんですね。ここ以外にも国宝級のフレスコ画があるお部屋というのが

いくつかあります。またお庭も含め館全体の広さもすごい。

Dscn6151_471x640

パーティーでは少し前にローマにオープンしたラデュレのマカロンがふるまわれていました。

ローマにある小さくて大きなおフランス。映画を見るよりも映画の中に入り込んだような宵でした。

|

2012/11/10

SHINNYO-DO KYOTO 真如堂 京都 

Dscn6100_480x640

***************************

真如堂(真正極楽寺)

京都市左京区浄土寺真如町82

****************************

|

2012/11/07

ROMA - OSAKA

Dscn6005_472x640

猫の手も借りたいような忙しい毎日が続きなかなか更新できませんでした。。。

ばたばたのまま日本へ束の間の一時帰国。

|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »