« 近着ワイン日記  | トップページ | ワイン営業試飲会でみる今売れるワインの傾向 »

2013/01/13

イタリア人の半端ない野菜の消費量とそのワケ

Dscn6554

イタリア人の食生活をみて驚くのは、彼らの野菜の消費量。
ヨーロッパで2番目に野菜を多く食べる国。

イタリアに来たころは青空市場の売り場に積んである野菜の山をみて
ただただ驚いていましたが、今では自分も大量に食べるようになりました。
イタリア人のその消費量の秘密は、彼らの野菜の料理法にありました。
一番シンプルな野菜定番料理は「LESSOレッソ」。茹でた野菜にレモン
と塩、たっぷりのオリーブオイルであえただけの一品。ほうれん草などの
菜野菜からカーボロフィオーレ、にんじんなどの固い野菜でもできる料理。
日本の野菜料理と違うのは、加熱する時間がとにかく長い。クッタクタに
なるまで茹でます。茹でるというよりお湯で”煮る”かんじです。
ぐにゃぐにゃになるまで、葉っぱの形がなくなるまで、じーっくり茹でます。
最初のころは「何コレ!シャキッとした歯ごたえがなくて物足りない!」と
思っていましたが、今では好きすぎて1日1回は食べないと気がすまない料理。
長く茹でると当然野菜のかさが減るので、1キロ分のほうれん草なんか
もあっという間に消費してしまいます。
旬の野菜を選び、上質のエクストラ・ヴァージン・オイルをたっぷりかけて
あえると、もう最高のごちそうです。

イタリア料理というとパスタやピザという感じですが、実はこれほどイタリア

を象徴する料理はないのです。

だまされたと思ってぜひ一度お試しアレ。
-----------------------------

GUSTO ITALIA グストイタリア

-----------------------------




|

« 近着ワイン日記  | トップページ | ワイン営業試飲会でみる今売れるワインの傾向 »

美味食材 - DELIZIE DELLA TAVOLA」カテゴリの記事