« イタリア人の半端ない野菜の消費量とそのワケ | トップページ | VALENTINIヴァレンティーニ『CERASUOLOチェラスオーロ 2008』 »

2013/01/20

ワイン営業試飲会でみる今売れるワインの傾向

Dscn6625_2

毎日悪天候の続くローマ。
雨の中、ローマの老舗酒屋『TRIMANIトリマーニ』へ。

たまたまお店にローマのワイン界ではベテランで知られる営業マンが2人。
なにやらピエモンテワインの紹介らしい。トリマーニはローマ最大のワイン屋
なので、行くたびにこういったセールスマンまたはワイナリーのオーナーが
売り込みに来ているシーンに出くわします。
隣の『TRIMANI WINE BAR』でティスティングをするとのこと。
私も呼んでもらい店主のパオロと営業マン2名、計4名でテーブルにつき
ました。

以下5種類の個人的ワインレポート。(写真左より)
① AZIENDA VITIVINICOLA RIZZI - BARBERAD’ALBA 2009
1974年から存在する、バルバレスコのワインを生産するワイナリー。
ワイナリーでは4種類のクリュのバルバレスコをリリースしているが
今回はそのバルバレスコでなくバルベーラ。
これは出だしからなかなかよかった!一部を大樽で熟成している
のだけれど嫌味がなく、素直でシンプルでブドウのフレッシュさチャーミン
グさがそのまま表現されたワイン。
これで酒屋で11ユーロほどということだから、これは日常ワインに最適。

② CASCINA BARICCHI  - BARBERA D'ALBA 2009
こちらも同じくバルベーラ2009。
ただしまったく違うアプローチ。
バニラ香、バリック感たっぷり。ブドウがいい品質であるのはわかる。もともと
おいしいワインだったのに人の手(醸造)で悪くなってしまった感じ。
不思議な苦味あり。
上のワインとはまったく別物。

③ CASCINA BARICCHI - LANGHE NEBBIOLO 2008
同じワイナリーのランゲ・ネッビオーロ。
ネッビオーロ100%。
先ほどのバルベーラと同じ特徴で、バニラっぽさ、樽香が残る。
こちらも苦味あり。
ネッビオーロの透明感がなく雲ってみえる。

④ PRODUTTORI DEL BARBARESCO - BARBARESCO 2008
56軒のブドウ農家が生産する大型ワイナリー。
ピエモンテでも最も大規模のワイナリーのひとつ。
価格と品質のバランスがすばらしく、ローマでもいろいろな酒屋でみかける。
ワイナリーでは9つの畑からそれぞれクリュのバルバレスコを生産しているが
こちらはその中でもクリュでないバルバレスコ。つまりいろいろな畑から
集めたブドウで生産されたバルバレスコ。
価格も一番低価格で、酒屋で21ユーロほど。大体一般的なメーカーの
バルバレスコの3分の1くらいの値段でしょうか。
文句なくおいしかった!
2008は2007よりもよい出来で、品があり、2007年に比べ酸味も多く
たっぷりとした香りの広がりが素晴らしい。
スイスイ飲みました。
つい先日2007を飲んだのですが、たしかに今が飲み頃でおいしかった
もののこれ以上あまり成長しない感があったのですが、2008はもっとグレード
が上。この1年の違いの差に愕然。

⑤ AZ.AGR. CAVEN CUMANA - VALTELLINA SUPERIORE INFERNO 2007
ロンバルディア州の最北、スイスの国境に手が届きそうなアルプス地帯
ソンドリオのワイナリー。
ここでもネッビオーロを使ったヴァルテッリーナというDOCGワインが生産
されています。
こちらはバリックで18ヶ月熟成、その後大樽で寝かせたというかなりのフルボ
ディ。モダンな印象で、品はあるど飲み疲れしそうな感じ。

①と④が全員一致で好結果。
プロが集まっての試飲会、いやーみんなコメントを投げ合ってましたがワインを
鑑定するのが早いこと早いこと。
ダラダラとウンチクを語るシーンはなく、意外と事務的な雰囲気でさっさと飲み終え
たのでした。
営業マンが持ってきたワイン以外のワインも混じっていたにもかかわらず
自分のワインをやたら褒めるのではなく、平等公平な意見を出していたのも
おもしろかった。
彼らによるともう醸造過程で築きあげるようなワインはもう売れないという話。
90年代はそんなリッチ感たっぷりのワインが幅をきかせていましたが時代は
変わって、ブドウの質が感じられ、無欲恬淡なワインが好まれるということ。

どのワインがトリマーニの棚に並ぶのか楽しみだなー。

Dscn6632

------------------

TRIMANI トリマーニ
Via Goito 20  Roma
Tel 06 4469661

------------------



|

« イタリア人の半端ない野菜の消費量とそのワケ | トップページ | VALENTINIヴァレンティーニ『CERASUOLOチェラスオーロ 2008』 »

ワイン - VINO」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268630/48842892

この記事へのトラックバック一覧です: ワイン営業試飲会でみる今売れるワインの傾向:

« イタリア人の半端ない野菜の消費量とそのワケ | トップページ | VALENTINIヴァレンティーニ『CERASUOLOチェラスオーロ 2008』 »