« 『割烹よしこ』で学ぶこと | トップページ | 『RIPASSATA DI MIZUNA』水菜のリパッサータ »

2013/02/25

ローマまたまた話題のお店『PORTO FLUVIALE ポルト・フルヴィアーレ』

Dscn6915_2

『イータリー・ローマ』に『ロメオ』、『パネイフィーチョ・ボンチ』などなど
今までとはちょっと違う新しいタイプのお店が、昨年からローマにどんどん
オープンしています。その話題の新スポットのひとつ3ヶ月前に登場したのが
『ポルト・フルヴィアーレ』。ローマは世界最大の『イータリー』があるオス
ティエンセ地区の工場跡を改装したお店。その面積ざっと1000㎡。
年中無休、朝から夜中2時までノンストップ営業。
日本では年中無休の営業は当たり前ですが、ヨーロッパのたいていの国
では日曜は宗教的にも休息日。平日でもランチとディナー時間以外は閉まって
いる飲食店がほとんどですが、このところイタリア事情も変わってきたのか
年中無休、ノンストップの店がこうやってどんどん進出しています。

フルヴィアーレ港というこのネーミングの通り、お店のある場所が昔港だった
ことから、船の中にいるようなインテリア。カメリエーレの制服もボーダーシャツ
で統一。

Dscn6920

日曜の夕方というローマでは90%の店が閉めているもっとも中途半端な
時間に入店したにもかかわらず『ポルタ・フルヴィアーレ』ではカフェ・スイ
ーツメニューから、100種類のワインと地ビールに、それにあわせたおつ
まみまで選び放題。

今日のテーブルワイン1/4(カステッロ・ディ・イエーズィ)4ユーロを注文。

Dscn6919

もうひとつこのお店のおもしろいのは料理のサイズが選べるところ。

アペリティフでは1皿が2~3ユーロの一口サイズのメニューがたくさん。
地ビールにプッタネスカソースとパン。ちなみにこの1皿1、5ユーロなり!
このプッタネスカソースはおそらくランチやディナータイムのメニューにある
パスタのソースなのでしょうが、こうやっておつまみのメニューにしてしまう
というのはいいアイデア。

Dscn6921

こちらはタラのムース。3ユーロ。なめらかな口当たりでなかなか美味。
こういった一口サイズのこだわりメニューは日本の居酒屋でいろいろ
な小皿を注文する感覚。

トラットリアのコーナーの夜のメニューにもパスタやピザなどが、普通
サイズ、ハーフサイズ、1/4サイズと3つの量から選べるようになっています。
たとえばカルボナーラであれば、一人前が9ユーロ、半人前が6ユーロ
1/4人前が3,5ユーロ。
これだったら1/4前の料理をたくさん頼んでいろいろ味見ができます。

Dscn6922

夕方6時を超えるととひっきりなしにお客が増えて、一瞬にして満席。
うーんやはりこの人気はウワサだけでなかった。
朝はBARコーナーで朝食、昼はランチ、アペリティフ、ディナー、アフターディナー
とどの時間にも使えてこれは便利!メニューも豊富!
個室もあってビジネスランチやグループイベントにも使えます。
日曜日はモニュメントや美術館の観光以外することがないという旅行者の空白
時間に、行きたかったレストランが日曜日は定休日だった!という遭難者にも

おススメの店。

Dscn6916

*****************************

PORTO FLUVIALE

Via del Porto Fluviale 22, Roma
Tel 06 5743199

*****************************

|

« 『割烹よしこ』で学ぶこと | トップページ | 『RIPASSATA DI MIZUNA』水菜のリパッサータ »

ローマレストラン - ROMA LOCALE」カテゴリの記事