« 話題の新レストラン『MARZAPANE マルツァパーネ』のコース料理 | トップページ | 『割烹よしこ』の和洋のおもてなし »

2013/05/31

おうちでつくる京料理 - 鶏松風

Dscn7860

京都新聞に掲載された、京料理教室主宰の松永先生の
”おうちでつくる京料理”というレシピシリーズ。この記事を両親が全部
切り取ってファイルにしてくれていて、前回日本に一時帰国したとき
ローマに持ちかえりました。
ローマでは材料の揃わないレシピを眺めるのは、作りたいけど作れない
というよりも、食べたいけれど食べられない!というジレンマに襲われるので
なかなか勇気がいるのですが、ファイルにはレシピだけでなく松永先生
による京野菜や京料理の由来などのおもしろい記事もあって、ついつい
ふとしたときに手にとってしまうのです。

食いしん坊仲間をディナーに招いた機会にこのレシピから『鶏松風』という
前からやってみたかった料理を作ってみました。
レシピのワンポイントのところに”酒のあてにもいい”と書いてあったのも
「これはイケル!」と思いました。
これは京菓子に見立てた鶏肉の料理なのですが、レシピもお菓子つくりに
そっくりで、作るのがとても楽しい一品でした。
「松風」は1570年からある京都の銘菓。なんでも織田信長が戦のときに
食べていたという歴史のある焼き菓子です。

何度も読んでいたので、段取りは頭に入っていたのですが、ローマでは
やはり材料を少しアレンジする必要がありました。先生のレシピには
”12x15センチの流し缶に鶏ミンチをつめて蒸す”とあるのですが、イタ
リアでこんな小さな流し缶というのがなかなかない!
で、いろいろ探したあげく耐熱ガラスでできたこれと同じくらいの大きさの
オーブン料理の容器を見つけこれを使うことにしました。

Dscn7803

炒り鶏にしたものとまだ生の鶏ミンチ、松の実、調味料を混ぜた
ものを容器にいれます。これをまずは蒸します。
でも本当にこれパンケーキのタネみたい!

Dscn7809

次はオーブンに入れます。その前に”ケシの実を表面にまぶす”とあったのです
が、ケシの実がないのでゴマで代用してみたら、シチリアの焼き菓子みたい
になりました。大丈夫かなー。ものさしで均等になるように測りながら切りました。

Dscn7817

じゃーん!
自分で言うのはなんですが、すごくおいしかったー!
2回も火を通した鶏胸肉なのに、びっくりするほどジューシーで上品な味。
そしてこれを食べた食通の友だちが「京都を感じさせる味がする。」と

言ってくれたのは心底うれしかったなー。
ということでみんなに喜んでもらえました。

一切油を使っていないのでヘルシーなところもよい。
冷めてもおいしいのでパーティーのときにも出せます。
ごはんにも酒にもあう!イタリアの白ワインにもあう!
何から何までいいいことずくしのこのレシピ。
ちょっと粋で便利な定番レシピになりそうです。

******************

松永料理教室

******************



|

« 話題の新レストラン『MARZAPANE マルツァパーネ』のコース料理 | トップページ | 『割烹よしこ』の和洋のおもてなし »

料理レシピ - RICETTA」カテゴリの記事