« ローマアメリカンアカデミー財団ピクニックディナー | トップページ | 『ROMA FOOD & WINE FESTIVAL』3ツ星シェフハインツ・ベックの新メニュー »

2013/05/16

『PIZZERIA DA REMO ピッツェリア・ダ・レモ』の半端ないおいしさ

Dscn7648

1.まずはその生地。
すごく薄いというとパリパリしていると思われがちですが違います。
外側はバリバリ、こげているところもある。なのに真ん中にいくほど
モチモチしている。こんなに薄いのに生地の食感のグラデーションが
外側から真ん中にかけて変化していくのです。
これがレモの生地のすごいところ。

2.次にソース。
濃厚な甘みと酸味でなくてサラリとして、ピザにフルーツっぽいフレ
ッシュ感を出しているトマトソース。
そこへモッツァレラ。水牛のモッツァレッラのリクエストもできるけど
普通のモッツァレラで十分。
ミルクの味わいたっぷりで、ジューシー。ピザにまろやかさとコクを
出しているモッツァレッラ。

3.生地とトマトソースとモッツァレッラの量のバランス。
生地が多すぎたり、またはトマトソースが多すぎたりすることなく
それぞれの味が同じ濃度で、それぞれの量が同じ割合で絡み
合っていて完璧。

4.軽さ。
一人前がかなり大きいので「これは無理!」と思うのですが
生地がうすいだけでなく、油っこくないのでぺロリといけます。
食べ終わっても胃が軽い!かるい!カルイ!

ということで、これがレモで食べている間中、ともだちと熱論し合った
レモのすごさ。こんな単純な食材だけでできる、こんな脅威的な料理
ってあるでしょうか。でもこのおいしさはレモだからこそ!
ローマ広しといえどやっぱりピッツエリアチャンピオンは紛れもなくここ!

Dscn7661

光GENJI巻きのマエストロ。
この人が長年レモをしきっているピザ職人です。

オリーヴェ・アスコラーナのおつまみを2人で分け、ナポリピザ(マルゲ
リータにアンチョビがのっているもの)を1枚ずつ、白ワイン半リットル
を注文して会計は1人10ユーロ!

Dscn7656

イタリアの他都市はもちろんローマにても、こんなおいしいピザ
はないよね、やっぱりテスタッチョ地区ってローマの一等地だなー
という結論になって満足して帰宅。

ローマに来る人にはぜひおススメです。
予約は取れません。20時を超えると急激に混んで長い間外で並ぶ
ハメに。7時半ごろには行ってオリーヴェ・アスコラーナとマルゲリータ
を注文しましょう。
(注:まちがってもラッツィオファンとは言わないように)

Dscn7665

*********************************

PIZZERIA DA REMO ピッツェリア・ダ・レモ

Piazza di Santa Maria Liberatrice 44
Tel 06 5746270

日曜定休
********************************




|

« ローマアメリカンアカデミー財団ピクニックディナー | トップページ | 『ROMA FOOD & WINE FESTIVAL』3ツ星シェフハインツ・ベックの新メニュー »

ローマレストラン - ROMA LOCALE」カテゴリの記事