« ウンブリア地ビール『FABBRICA BIRRA PERUGIA ファブリカ・ビッラ・ペルージャ』 | トップページ | レストラン&アンテークファニチャー『LANIFICIO ラニフィーチョ』 »

2013/07/20

シエナ『CASTELLO DI FIGHINE HEINZ BECK SEASONS カステッロ・ディ・フィギーネ ハインツ・ベック・シーズンズ 』

Dscn8065

これは少し前になるのですが、なかなかアップできなかったシエナ
のレストラン『カステッロ・ディ・フィギーネ』の記事。
昨年オープンしたばかりの、ローマは3ツ星レストラン『ラ・ペルゴラ』
のシェフハインツ・ベックがプロデュースするレストラン。

はっきり言ってここにたどり着くのは難しかった!
友人T子の運転する車でローマから約3時間。
シエナと言ってもほぼウンブリアとの境、トスカーナの南部に広がる森の
中にあります。
”お城を改装したホテルの中にあるレストラン”と想像していたのですが
いやーそのスケールはまったく別ものでした。
「こんなところに本当にホテルがあるの?」と何度も2人で聞きあいながら
どんどん森の奥深くへ。視野にあるのは永遠に続く細い砂道とそれを囲む
林のみ。シカとかタヌキが今にも飛び出してきそうな森林で、ナビはまった
く頼りにならず。つのる不安の道中で、やっと目の前にお城らしきものが!

Dscn8136

これがフィギーネ城。
”フィギーネ”というのはお城の名前でもありこの小さな”村”の名前
でもあります。
フィギーネ村は中世時代荘園でした。5分もあればこの村すべて
周れるのほどの面積で、ここにはお城、教会、いくつかの元農民の
居館があります。それを南アフリカ出身のイギリス人の現オーナーが
村ごと買取り15年かけて改装しレストランもオープンしたという
歴史があるのです。

Dscn8121

これが教会。今でも結婚式なんかが行われるそう。

Dscn8107

Dscn8141

これが元小作人の家を改装したもの。2階建てのヴィッラが
敷地内にいくつかあります。今はレジデンスとして宿泊
施設となっています。各ヴィッラにはプライベートプールも。

Dscn8131

これは昔の共同洗濯場。

Dscn8135

自家農園。ここでできる作物はレストランでも使われています。
そして。

Dscn8146_2

よかったー。ありました、レストラン。

Dscn8101

今はこの村の宿泊客やそれ以外の一般客も来るレストランですが
2年前まではオーナーの友人達のためのプライベートクラブだったそう。
ディナーまで時間があるので、宿泊するヴィッラへ。

Dscn8069

Dscn8076

Dscn8072

Dscn8089

ヴィッラはちょうどレストランのある道を挟んだ向かい。
3階建てで、キッチンもあり完全に長期滞在型、ファミリー向けの
施設。カップルでも広すぎる感じです。

Dscn8152

窓を開けるとちょうどレストランの入り口が見えました。
オーナーがガーデニングが趣味ということで庭のきれいなこと!

Dscn8164

レストランの庭。
ここでは夜19時ごろからアペリティーボができます。
時期によっては色とりどりのバラが天井に咲き乱れるそう。

Dscn8166

この日は風が強く寒かったので無理でしたが、夏季は
テラス席でディナーが愉しめます。

Dscn8179

まずはBARカウンターのあるお部屋でゆっくりアペリティフ。
タイムスリップしたかのようなこの古い館の雰囲気を存分に
楽しみたかったので、レストランがオープンする19時きっちり
に行きました。

Dscn8184

木のお皿に乗って出てきたのはきゅうりとアボカドをキアニー
ナ牛で巻いたインボルティーニ。そして紫芋のチップスと
チーズのワッフル。

Dscn8177

そしてダイニングルームでのディナーへ。
レストランというよりも誰かの自宅に招かれたようなこじんまり
したお部屋。ソファーでゆったりと食事ができるようになっています。
夜はコースメニューが3種類あります。
3皿のコース(35ユーロ)、5皿のコース(49ユーロ)、7皿のコース
(65ユーロ)。かなりのお手ごろ料金なのです。これはこの”村”に
滞在している宿泊客のレストランでもあるということもあります。

5皿のコースとワインはここの地元ワインである「ヴィーノ・ノービレ
ディ・モンテプルチャーノ」を注文。

A

アミューズから。白アスパラガス、トスカーナのポルチーニ茸
紫芋のチップス添え。

B

前菜。マグロのカルパッチョ。アーティチョークのチップス
に白ネギ、黒オリーブのパウダー。

Photo_2

パスタはトマトのトルテッリーニ、エビとグリーンソース。

Photo_5

セコンドは仔牛のソテー。

Photo_9

ワインリストはあまり数は多くなく、ヴィーノ・ノービレやキャンティ
などトスカーナワインを中心に揃えてありました。
このAVIGNONESI社の「ロッソ・ディ・ヴィーノ・ノービレ2010 」が
まさに料理を引き立てて、いい仕事してくれました。
このあと同メーカーの「ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチァーノ
2008」もいただいたのですが、断然ロッソの方がよかった。

Foto7

そしてデザート。

ゆったりとリラックスしたムードの中で静かに流れていった
いいディナーでした。
シェフのアントニオ氏はアランデュカスや京都菊の井の厨房にも
立ったことがあるという経験を積んだ料理人。「ラ・ペルゴラ」やもうひとつ
のハインツベックのレストラン「カフェ・レ・パイオット」で何年も勤務
した人。

レストランではわたしたちの他に退職後トスカーナに移住している
というオランダ人のグループ、またイタリア人の若いグループもい
ました。
ホテルの建物の中にあるレストランと想像して来たのが、ここは
まるでおとぎの国そのものでした。
この”村”のつくりといい、鳥の声以外は何も聞こえないという静けさ
といい、さらに敷地内ではレストラン以外では誰にも会わない、人
がいない!(実際にはシェフと管理人が2人敷地内に常駐しています)
という映画のセットの中にいるかのような不思議な空間でした。
またこの荘園地区から隣村まで車でも結構距離があるのです。
深々とした森の中にあるこのシュールな荘園。そこにT子と2人。
あまりの現実味のなさに夜ヴィッラで寝るときちょっと怖かったー。

ヴィッラ、レストランともに夏季のみ営業。
大人のテーマパーク「カステッロ・ディ・フィギーネ」、フツーのイタリア
旅行では物足りない人におススメです。

*************************

CASTELLO DI FIGHINE

*************************



|

« ウンブリア地ビール『FABBRICA BIRRA PERUGIA ファブリカ・ビッラ・ペルージャ』 | トップページ | レストラン&アンテークファニチャー『LANIFICIO ラニフィーチョ』 »

トスカーナレストラン - TOSCANA LOCALE」カテゴリの記事