« 祇園『BAR KUGEL』日向夏のカクテル | トップページ | ウンブリアチェーザレの別荘で夏のBBQパーティー »

2013/07/05

ニホンというテーマパークから古代遺跡ランドへ

Dscn8518

イタリア生活が長くなり、年にちょくちょく帰国しているにもかか
わらず、日本に来るといつのまにか観光客の視線で何でも
見てしまうようになりました。

お寺があって舞妓さんがいるのは『キョウト』というテーマパーク。
高層ビルジャングルは新しいアトラクション『トウキョウ』。といった
ように、ふと自分がユニバーサルスタジオにいるようなシュールな
気分になる瞬間が多々あるのです。
渋谷で泥宵し道路に転がる若者、電車の中で立ったまま寝ているおじ
さん、手鏡片手につけまつげをつけている大阪のギャル。
みーんなテーマパークのダンサーやキャラクター。
『ニホン』を一つのテーマパークとして見たならば、ここにはたくさんの
個性あふれる世界唯一のアトラクションがあります。建築構成だけ
でなく、そこに登場する人々の一挙一動もおもしろい。
そういう意味ではここはなんと特殊な国なんでしょうか。外国人
にとって、こんなにバリエーション豊かで楽しめる観光地は世界に

そうそうないと思う。

そんなことを飛行機の中で考えながら、地球の裏側のもう一つの

テーマパーク、古代遺跡ランド『ローマ』へ向かう自分。

もうどっちにいるのが旅人なのかわからなくなってきました。


|

« 祇園『BAR KUGEL』日向夏のカクテル | トップページ | ウンブリアチェーザレの別荘で夏のBBQパーティー »

ひらめき - ISPIRAZIONE」カテゴリの記事