« ローマ一のカクテルはここ『THE JERRY THOMAS』 | トップページ | TOKYO MICHELIN 2014 ミシュランガイド東京・横浜・湘南2014出版記念パーティー »

2013/11/26

SRI LANKA A ROMA ローマの中のスリランカ

20131113_075846_1

これもまた前に遡った時期のできごと。

松宮先生のご友人である在イタリアスリランカ大使がローマ
公邸にお招きいただき、生まれて初めて本場のスリランカ料理
を体験しました。
大使はまだ就任されていから間もないため、台所道具が全部ローマ
に届いていないということでしたが、キッチンには日本でも
イタリアでも見たことのないやかんや土器の鍋がいっぱい!
台所からは、よっぽど大量に使っているんだろうなーと思わせる
いろんなスパイスの匂いがぷんぷんと。

20131112_194620_1

ディナーの前のアペリティフにと出てきたのがこれ。
これ、ピッツェリアででてくるオリーブの実に肉のペーストを
詰めた「オリーベ・アスコラーナ」にそっくりじゃありませんか!?

20131112_194733_1

かじってみると鮭とジャガイモのコロッケでした。
これはカトゥレットゥ(実際の発音はちょっと違うけど難しすぎて
発音できなかった)というスリランカの定番料理。

実はスリランカ料理はものすごくクセがあるような勝手なイメージが
自分の中にあって、心の中でドキドキしていたのですがこのコロッケ
が日本で食べる味となんらかわらず、まずはひと安心。

20131112_200511_1 20131112_201435_1
20131112_200601_1
20131112_200754_1
20131112_200746_1
20131112_201449_1

シチリアのカポナータにそっくりのナスの炒め物、中華の
エビチリにそっくりのエビ炒め、ひよこまめのスープ、羊肉
の煮込み、えんどう豆とタマネギの炒め物などなど、スリランカ
の家庭料理がずらり。どれもスパイスがすごい。日本やイタリア
だと、パウダー状になって売られているスパイスが葉っぱの
まんま、粒のまんまゴロリゴロリと入っています。

20131112_200829_1

料理の取り皿の横にボウルに入ったお湯が、サービスされました。
何これ?と思ったら「これで手を洗ってください。」と大使。
そうだったんです。スリランカでは手で食べるのです。

20131112_202209_1

どれも予想以上に美味でしたが、手で食べるのはやっぱりむずかしかったー。
右手で米とおかずをお皿の上で混ぜた後、手のひらで混ぜたものを
団子にし、親指で押し出しながら口に入れる。と教えてくださった松宮先生
はスリランカ生まれ?と疑いたくなるほど自然な手つき。
手で食べるのは、口に入れる前に手でこれから胃に入れるものの温度を
知る、ということなのだそうで胃のことを考慮した食習慣。で、もうひとつ胃腸
のために出てきたのが、お湯。グラスに入ってサービスされた飲み物は水
でもなくて暖かいお茶でもなく白湯。冷たい水も胃に悪いので、食事にはお湯
だそう。これも衝撃的!

20131113_081026_1

こちらは米の麺とかつおの煮付け。
煮物は京都のお惣菜にそっくりで懐かしい味。
麺は米よりも手で食べるのがむずかしいんですよ。麺も片手でちぎりながらおかず
と混ぜ、団子にして口に入れるそうなのですが、これがなかなかまとまらない!

そしてスリランカのお惣菜をいただいて、つくづくと実感したのは、和食
とイタリア料理が似ているということ。
スリランカ料理はものすごくスパイシーで、味付けが濃い足し算料理で
和食とイタリアンは素材を生かすための引き算料理。

20131112_210348_1

最後に手をボウルで洗ったところで、ジャガリが出てきました。
ジャガリとはくじゃく椰子の花の蜜を固めたもので黒砂糖のような
甘さ。じゃりじゃりとした舌触りで和菓子を思わす風味。
スリランカではどこにでも売っている甘味料だそう。
これはまりました。

ジャガリを食べながら大使が「ローマには何人くらいのスリランカ人
が住んでいると思いますか?」という質問をされました。
考えたこともなかったのですが、大目に「1000人くらいですか?」と
答えてみると笑われました。正解はなんと15万人!!!「えー!!!」
スリランカ本国の人口の約10人に1人がイタリアに住んでいるという
ことになります。
スリランカの人たちがもっとも多く住んでいる外国がイタリアなんだそう。
これは驚きです。
イタリアではお手伝いさんや介護ヘルパーの仕事をしている人が
ほとんど。ローマですべてスリランカ料理のスパイスなどの材料が何で
も手に入るのは、在住の人が多いからなんですね。
ローマに日本食材専門店が1軒も存在しない在邦人人口とは大違いです。

若い頃に名古屋にホームステイされたことがあり、もう50回以上も日本に
来られたという日本語ペラペラの大使とその友人の松宮先生。みんなで
ローマの公邸で日本語でおしゃべりしながらスリランカ料理を堪能すると
いう、とっても不思議で楽しく貴重なディナー体験でした。







|

« ローマ一のカクテルはここ『THE JERRY THOMAS』 | トップページ | TOKYO MICHELIN 2014 ミシュランガイド東京・横浜・湘南2014出版記念パーティー »

おうちランチ&ディナー - CUCINA DI CASA」カテゴリの記事