« ブルネッロ・ディ・モンタルチーノワイナリー『LE POTAZZINE レ・ポタッツィーネ』 | トップページ | 『STAINER CIOCCOLATO AL LATTE DI CAPRA』ヤギのミルクチョコレート »

2014/01/25

ミラノ中央駅構内『BISTROT MILANO CENTRALE ビストロ・ミラノ・チェントラーレ』

Dscn6448_1

ミラノでの滞在後ローマへ戻るべく、ミラノ中央駅へ。
小腹がすいたので、3時間の旅の前に何か食べたい気になった
のですが、いやはやここは駅。しかもミラノ中央駅。
ほんとうに駅のBARって食べるものがない。時間がたってパッサパサ
のパニーノか、『SPIZZICO』などのピッツアチェーンの油ギトギトのピッツァ
の2者選択がオチ。
ミラノ中央駅の入り口にある『MOTTA』にも寄ったものの、食欲を
そそるものはなく、このままローマまでがまんするかぁーとがっかりしながら
ホームへ。
ホームのある3階に到着するとそこに夢か幻か、木目調のインテリアが
お洒落なBARレストランが!!!
思わず足が吸い込まれたのはここ『ビストロ・ミラノ・チェントラーレ』。
なんだこれはー!?

Dscn6443_1

ここはイタリア高速道路沿いのサービスエリアにあるBAR『AUTOGRILL』
が経営する、昨年春にオープンしたバール兼ビストロ。
店舗面積はかなり広く、天井も高い!こんなスペース、ここって前は何が
あったのでしょうか。荷物預かりコーナーだったような。。。

それにしてもすごい人気。キャッシャーには長い列。
カフェで一休みするもよし、電車の時間までアペリティフでリラックスもよし
もちろんがっつりディナーをする人ありでいろいろな使い方ができるマルチな空間。
店内にはなんとベーカリーがあり、自然酵母で焼き上げられたフレッシュな
パンやピザ、焼き菓子を1日中提供しています。あのいったいいつ作られた
かわからないパサパサのパニーノやギトギトピザからもこれで開放されるぅ!

Dscn6444_1

奥はビストロコーナー。
ここではストリートフードのスタンドがあり、小魚のフライやコロッケ
また野菜を使ったメニューもふんだんに用意されています。
売り場の奥がオープンキッチンになっているのも駅にしては画期的!

Dscn6451_1

Dscn6453_1

価格も一品5ユーロ前後と良心的。種類も豊富だなー。

Dscn6462_1

フルーツのコーナーもあり、フルーツサラダや搾りたてのフルーツジュース
やフルラートもその場で作ってくれます。ちょっと軽い食事をしたい人は最適。
もちろんお持ち帰りもでき、その場合はテイクアウト用の容器に入れて
くれます。

Dscn6447_1

うれしいことに店内はWIFIゾーンとなっています。電車の発着時刻を
知らせるモニターもテーブルについていてこれは便利です。
大きな木のテーブルで相席が多く、ミラノの新しい出会いの場にも
なっているのです。

Dscn6446_1

誰もがIPADや携帯で時間つぶしをするわけではありません。
ここには貸し出し用の料理本やレストラン、ワインガイドも揃って
います。

Dscn6458

自分の中で暗くてちょっと汚いイメージのミラノ駅が一掃されました。
不思議とここにいる人たちもお洒落に見えてくるほどのお店の
インテリア効果。
ちょっとしたお土産にイタリアの厳選食材やワインの小売コーナーも
あり、なかなかよく考慮されたマーケティング戦略。
ミラノはもうすぐ世界エキスポですからね。

営業時間は朝6時から夜21時半まで。

グルグルなっていた小腹もおいしいパニーノで満足。構内の新しい空間

に時間を忘れそうになりながらも、ローマ行きのフレッチャロッサに
乗り込みました。

***************************

BISTRO MILANO CENTRALE

***************************





|

« ブルネッロ・ディ・モンタルチーノワイナリー『LE POTAZZINE レ・ポタッツィーネ』 | トップページ | 『STAINER CIOCCOLATO AL LATTE DI CAPRA』ヤギのミルクチョコレート »

ミラノレストラン - MILANO LOCALE」カテゴリの記事