« ローマで今ますます話題の店『MARZAPANEマルツァパーネ』のカルボナーラ | トップページ | ミラノ中央駅構内『BISTROT MILANO CENTRALE ビストロ・ミラノ・チェントラーレ』 »

2014/01/20

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノワイナリー『LE POTAZZINE レ・ポタッツィーネ』

Dscn6356

イタリアの3大有名ワインの1つ、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの里
トスカーナのモンタルチーノ村へ。
モンタルチーノ周辺は、ユネスコの世界文化遺産に登録されている
ヴァル・ドルチャの丘陵に囲まれ、魂が洗われるような美しさがあります。
見事な緑のグラデーションを展開しながら、ゆるくカーブする丘の間に
この地方独特の糸杉がそびえ立ち、俳句をしている母が見たらいい句が
いっぱいできるだろうなーという絶景が見られます。

訪問したのはモンタルチーノでも最小規模のワイナリー2社『PIETROSO
ピエトローゾ』と『LE POTAZZINE レ・ポタッツィーネ』。
前者は後日掲載される媒体でもお知らせしたいので、今回は後者を紹介。

この地方の銘酒「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノDOCG」とはサンジョベーゼ・グ
ロッソ品種100%で、法的に樽で最低2年、瓶内で4ヶ月の熟成など厳しい
規定に基づいて造られる高級ワインです。同じブドウを使い、ブルネッロ
よりもカジュアルな造りのものが「ロッソ・ディ・モンタルチーノDOC」で
法的規制では熟成してもしなくてもどちらでもOK。ワイナリーによって
ブルネッロのように長く熟成するところ、熟成は一切しないところと
いろいろあります。

『レ・ポタッツィーネ』では5ヘクタールの自社畑から、「ロッソ・ディ・モンタル
チーノ」と「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」、最良年のみさらに熟成の長い
「ブルネッロ・リセルヴァ」を生産しています。
生産量は極少ながらも、30カ国近くに輸出しており、世界的にその品質が
認められています。

Dscn6384_1

2年前に改装したというワイナリー、美術館のような格調高雅さ。
床も磨き上げられていて、ここで本当にワインを造っているの?と
思わされる清潔さ。でもこういう純潔さもワインの風味に反映されて
いて、ワイナリー訪問するとそのメーカーの特徴がよく理解
できるのです。これは酒屋さんでワインを買って飲んでいるだけで
はなかなか発見できないことで、これがワイナリー訪問の醍醐味です。
セラーで飼っているという人なつっこいネコがころころとやってきて
オーナーと一緒に出迎えてくれました。

Dscn6392

エレベーターで地下の熟成室へ。なんだか美術館のエントランス
みたいなのが熟成室の入り口。奥に大樽が見えます。
こういうの、テンションあがるなー。

Dscn6397

大樽とトンノーが数個あるだけの、ほんとうに小さなセラー。
この中にブルネッロが年代違いで静かに熟成されています。

Dscn6408

オーナーでもあり、エノロゴでもあるジュゼッペさんが樽からまだ
熟成中のブルネッロを試飲させてくれます。
『レ・ポタッツーネ』では2つの標高の違う畑のブドウを
別々に醸造し、ボトリングの前にアッセンブラージュしています。
またこのワイナリーでは「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」用のブドウ
「ロッソ・ディ・モンタルチーノ」用のブドウと分けて栽培しているので
はなく、全てブルネッロ用に育て、モストのマロラティック発酵が
終わり樽に入れる前に品質チェックし、どのモストをブルネッロにする
か、ロッソにするのかを決定します。つまり、このメーカーでは非常に

ブルネッロに近い「ロッソ・ディ・モンタルチーノ」
を造っているというわけです。ブドウを収獲した地点で、2級品のブドウを
「ロッソ・ディ・モンタルチーノ」にしているワイナリーも多く、ブルネッロ
は素晴らしくとも、「ロッソ・ディ・モンタルチーノ」のほうはぜんぜん
おいしくない生産者もあります。

セラーでは「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」の2012、2011、2010年
を樽から試飲。全ヴィンテージとも2つの畑ごとに別々の樽で熟成している
ので、2つの畑からの3ヴィンテージ、つまり6種類のワインを試飲しました。
6種類を比べて飲むと、これ全部同じ生産者の?と驚くほど風味に差がありました。
でもどれも甲乙つけがたいでき。このうちリセルバは2011のみリリースしている

のですが、2010も素晴らしいハーモニーと深みあり。感動。これからどう

変わっていくのかも楽しみです。

Dscn6415_1

年代、畑によって特徴は違うものの『レ・ポタッツィ-ネ』のワインには共通して
エレガンスさ、清純さを感じました。
イタリア料理だけでなく、和食にも合うすっきりとした輪郭の爽快なブルネッロで
夏でも飲みたくなるようなさわやかさ。

ブルネッロはイタリアワインの中でも年代違い、畑違いの談論が盛り上がるワイン

で、その点ではブルゴーニュに似てるかもしれません。ブルネッロはやはり

価格も高価で特別感がありますが、「ロッソ・ディ・モンタルチーノ」はコスト

パフォーマンスもよく普段飲みにぜひともおススメしたいワインです。

*************************************

TENUTA LE POTAZZINE  レ・ポタッツィーネ

53024 Montalcino Siena

************************************












|

« ローマで今ますます話題の店『MARZAPANEマルツァパーネ』のカルボナーラ | トップページ | ミラノ中央駅構内『BISTROT MILANO CENTRALE ビストロ・ミラノ・チェントラーレ』 »

生産者訪問 - VISTIA DI PRODUTTORE」カテゴリの記事