« ローマでウニ三昧『IL SAN LORENZO イル・サン・ロレンツォ』 | トップページ | ブルネッロ・ディ・モンタルチーノワイナリー『LE POTAZZINE レ・ポタッツィーネ』 »

2014/01/16

ローマで今ますます話題の店『MARZAPANEマルツァパーネ』のカルボナーラ

Dscn6222

ねっとり、こってり。
いやー濃かったー!すごかったー!
巷でウワサの『マルツァパーネ』のカルボナーラ。以前このレストラン

を取り上げた記事にも書きましたが、前から狙ってたメニューがこれ。

ものすごく個性的でした。
これ好きな人は病みつきになりますが、苦手な人もいると思うくらい
クセがあります。
フォークでパスタを絡めるときにパスタ同士がクリームでねーっとりと
くっついているのを感じましたが、口に入れた時のこってり感。
濃いけれど、ぜんぜん脂っこくない!塩からすぎず、素材のバランス感
は完璧。さすが今年の【ガンベロロッソレストランガイド2014】で選ばれた
最優秀若手シェフ、アルバさん。このカルボナーラの表現、おもしろい!
カルボナーラ好きの人は、これ食べたら間違いなく5年分くらいの満足感が得ら
れます。これが9ユーロで平均的なトラットリアと同じ価格。これは安い。
ちなみにカルボナーラはランチのみ、メニューにない日もあります。

パスタはマルケ産マンチーニ社のもの。約200社あるイタリアのパスタ
メーカーの中でも唯一、セモリナ粉を自社栽培しているメーカーです。
そしてこの濃いクリームをつくっている主役の卵は、トスカーナはリボ
ルノにある「ペッピーノ農家」から仕入れたもの。ペッピーノさんちの鶏は
マルゲリータ、スザンナなど名前がつけられ、小屋ではなく青空の下で
それはそれは幸せな暮らしをしているそう。黄身だけが使われ白身は
入っていません。グアンチャーレはローマの生産者のもの。
それに2年熟成のパルミッジャーノとペコリーノチーズを半々。
これらの原材料がどれも突起して味を主張することなく、すべての食材
がバランスよく、乱れのないハーモニーを奏でていました。

Dscn6213

ワインリストは、コストパフォーマンスの高い小さな生産者のもの
やクラフトビールで揃えられています。本日のグラスワインを聞くと
「おススメがあるんです。」とオーナーマリオさんがフリウリのNEC-

OTIUM社の辛口の白を持ってきてくれました。なるほどいいセレクト。

『マルツァパーネ』のおいしさはともかく、なんといってもこの店の驚きは
シェフのアルバさんや経営者の若さ。シェフは24歳、1番年上がホール
で自らカメリエーレをする経営者のマリオさんで33歳!
みんなニコニコ顔で、押し付けがましくなく、キビキビした気持ちのいいサービス。
このさわやかさはナ・ニ!?
そして平日のランチから満席&2回転する繁盛ぶり。
若いのに経営能力もある。そしてこのギラギラ感のなさ。
新予約のとれないレストランに、しみじみ感動して帰宅。

*************************

MARZAPANE DOLCE & CUCINA
マルツァパーネ ドルチェ&クチーナ

Via Velletri 39 Roma
Tel 06 64781692

*************************






|

« ローマでウニ三昧『IL SAN LORENZO イル・サン・ロレンツォ』 | トップページ | ブルネッロ・ディ・モンタルチーノワイナリー『LE POTAZZINE レ・ポタッツィーネ』 »

ローマレストラン - ROMA LOCALE」カテゴリの記事