« 『ラ・ペルゴラ』の新メニュー”水の庭園” | トップページ | 『料理通信4月号 THE CUISINE MAGAZINE APRILE 2014 』 »

2014/02/26

ローマ自然派ワイン試飲会『VINAIOLI NATURALI A ROMA』

Dscn6589_3

今年で第6回目となるローマの自然派ワイン試飲会。
2日間にわたってヴェネト通りのエクセルシオールホテルで行なわれ、イタリア
さらにフランスやオーストリアなど含め100社以上が参加しました。
通年ものすごい人が押し寄せるので、会場に早めに行ったところ、3つのホール
は意外とガランとしていました。
はげしくおしくら饅頭をしていた自然派ラヴァーはどこへ行ったのかなーと思い
ながらグラス片手に試飲開始。
イタリアでは未だ賛否両論の”自然派ワイン”というカテゴリー。
賛成派、反対派の論争は聞き飽きるほどあっちこっちで飛び交っています。
で、今回のイベントではあくまで個人的な感想として、ひどいものが多
かったー。
特に酸化臭がものすごいもの、これはないんじゃないの?ってほど濁っている
もの、どんな食事も台無しにしてしまうようなワインが多々ありました。
ワインってなんなの?と考えた場合、”飲む人を心地よくさせるもの”というのが
大前提だと思うのですが、そういう一番基本的なところから大幅にずれて
宗教論の古本みたいなワインがごろごろしてました。
それらがどんなすごい手間のかかったワイン造りをしてようが飲む気がしないと
言うと、アンチ自然派ワインととらえられてしまうのもなんだかなー。
ランゲピエモンテの『CAVALOTTIOカヴァロット』(最高!)や『RINALDI リナルディ』など
自然派の枠を超えて素晴らしい造り手が存在する中で、不出来なワイナリーとのあまり
の品質の差に愕然。

参加ワイナリーは下記の通り。

Amerighi Stefano- Toscana

Ar.Pe.Pe.- Lombardia

Az.Agr. Dos Tierras- Sicilia

Jacques Beaufort- Champagne - Francia

La Biancara- Veneto

Bonavita- Sicilia

Podere Le Boncie- Toscana

Campi di Fonterenza- Toscana

 Az.agr. Calcabrina- Umbria

CARUSSIN- Piemonte

CASA BELFI- Veneto

 Casa Caterina- Lombardia

Casebianche- Campania

AZ.AGR MARIA PIA CASTELLI- Marche

AZ.AGR I Cacciagalli- Campania

 Az.agr Casale - Toscana

F.LLI CAVALLOTTO - Piemonte

 Az.agr Il Censo - Sicilia

Damiano Ciolli- Lazio

Castello Conti- Piemonte

Castello di Verduno- Piemonte

Az. Cirelli- Abruzzo

I CLIVI- Friuli Venezia Giulia

CONSORZIO I DOLOMITICI- Trentino:
-CASTEL NOARNA
-CESCONI
-ELISABETTA DALZOCCHIO
-ELISABETTA FORADORI
- EUGENIO ROSI
-MASO FURLI
-GINO PEDROTTI
- FRANCESCO POLI
-VIGNAIOLO FANTI
-VILAR

CO.VI.BIO:
-Az.agr. De Fermo- Abruzzo
-
Casa Wallace- Piemonte
-
Masiero Gianfranco- Veneto
-
Vigneto San Vito- Emilia Romagna
-
Tenuta Selvadolce- Liguria
-
Voltumna- Toscana

CONSORZIO VINI VERI:
-Augusto Cappellano- Piemonte
-Az.agr. Paolo Bea- Umbria
-Casa Coste Piane- Veneto
-La Castellada- Friuli Venezia Giulia
- Ezio Cerruti- Piemonte
-Salvatore Ferrandes - Pantelleria - Isole Eolie
-MASSAVECCHIA- Toscana
-OASI DEGLI ANGELI- Marche
-Dario Princic- Friuli Venezia Giulia
- Giuseppe Rinaldi- Piemonte
- Eugenio Rosi - Trentino
-Trinchero- Piemonte
-Paolo Vodopivec - Friuli Venezia Giulia
-ZIDARICH - Friuli Venezia Giulia

Charles Dufour- Champagne - Francia

ELVIRABIO- Veneto

 ANTONIO FANCELLO- Sardegna

Az. Vitivinicola Fontorfio- Marche

Pierre Frick- Alsazia - Francia

GARLIDER- Alto Adige

 Vittorio Graziano- Emilia Romagna

GRIFALCO DELLA LUCANIA- Basilicata

 AZ. AGR. GUELI- Sicilia

 Renaud Guettier- Loira - Francia

 Az.agr. Giovanni Iannucci- Campania

JO LANDRON- Loira - Francia

 Az.agr. Macea- Toscana

I MANDORLI- Toscana

Cantina Margò- Umbria

MEYER-FONNÉ- Alsazia - Francia

 Az. Agr. Giuliano Micheletti- Trentino

 Weingut Molitor Rosenkreuz- Mosella - Germania

Cantina Morone- Campania

Cantina Madonna della Grazie- Basilicata

MARCO SARA- Friuli Venezia Giulia

Andrea Occhipinti- Lazio

Az. Agricola Pacina- Toscana

LA PALAZZOLA- Umbria

EMIDIO PEPE- Abruzzo

AZ. AGRI-BIO STEFANIA PEPE- Abruzzo

CIRO PICARIELLO- Campania

Azienda Poggiolella- Toscana

PRAESIDIUM- Abruzzo

WEINGUT PRANZEGG- Alto Adige

Ferdinando Principiano- Piemonte

 WEINGUT Pretterebner- Austria

 PUNTA DELL'UFALA - Sicilia

az.agr. QUARTICELLO- Emilia Romagna

Redondèl- Trentino

San Giovenale- Lazio

PODERI SANGUINETO- Toscana

az.agr. Skerk- Friuli Venezia Giulia

 SANTA FELICITA - Toscana

CASCINA TAVIJN- Piemonte

Terroir Marche:
- Aurora
- Fiorano
- La Distesa
- La Marca di San Michele
- Pievalta

FRANCO TERPIN- Friuli Venezia Giulia

Trediberri- Piemonte

 Uvatantum- Sicilia

VALCERASA BONACCORSI- Sicilia

Vigneti Vallorani- Marche

Hervé Villemade- Loira - Francia

VinoLauria- Sicilia

CONSORZIO VINTESA:
- Antica Enotria- Puglia
- Camparo - Toscana
- Castello di Stefanago- Lombardia
- Fattoria Castellina - Toscana
- La luna del Rospo - Piemonte
- Loacker - Alto Adige
- Punset - Piemonte

P.ZAMPAGLIONE, DON CHISCIOTTE- Campania


Dscn6591_copia

自然派ワイナリーの先駆者、ヴェネトの『ラ・ビアンカイア』のコーナーを訪れると
いつも日本のインポーターであるヴィナイオータさんとの仕事を熱く語ってくれる
アンジョリーノさん。海外のインポーターとここまでの信頼関係を築けるというのは
メーカーにとって本望ですね。『ラ・ビアンカイア』が日本でこれほど知られる
ようになったのも、この信頼関係のおかげだといつも思わせられるのです。

1つのカテゴリーを築き上げた”自然派ワイン”という波動、今後さらにどう
展開するのか楽しみです。

***************************************************

VINAIOLI NATURALI A ROMA ヴィナイオーリ・ナトゥラーリ

***************************************************

 



|

« 『ラ・ペルゴラ』の新メニュー”水の庭園” | トップページ | 『料理通信4月号 THE CUISINE MAGAZINE APRILE 2014 』 »

ワイン - VINO」カテゴリの記事