« ローマでの東北大震災被害者追悼ミサと復興支援歌『花は咲く』コンサート | トップページ | ブルネッロ・ディ・モンタルチーノワイナリー『PIETOROSO ピエトローゾ』 »

2014/03/20

第3回ローマウイスキーフェスティバル『SPIRIT OF SCOTLAND』

3

ローマで行なわれた第3回目のウイスキーフェスティバルへ。
ローマ市や在イタリア英国大使館などがスポンサーとなっているこの催し
スコッチウイスキーを中心に、世界から2000種類もの銘柄が出展しました。

ワイン&グラッパの国イタリアでウイスキーを営業するって、どうなの?

と思っていましたが、これが3回目にもかかわらず結構な人入り。

今年は、はるばる台湾からもメーカーが参加していました。

植物園の温室みたいなステキな会場では、ハーレイを乗り回していそうな

タトゥーいっぱいの強面のおじさんたちがマジ顔で、小さなグラス片手にティス
ティングしている光景が見られます。ワインの試飲会は女性も多いのですが
ここは断然シニョーリたちの世界。
ワインの試飲会と同じく、入場料を支払うと試飲用のグラスをくれるので、この
グラス片手にブースを周るのですがワインと違うのは、なんせアルコール度数が
高いのでほんとにちょびちょびやらないと、あっという間にヨッパライになって
しまうこと。
そんなわけで、千鳥足にならないように数多い銘柄の中からほんとうに味見した

いものだけを厳選しながら試飲。
うれしいことに数多いブースの中でも日本メーカーのコーナは人気で、結構人が
集まっていました。最近はイタリアでもそこそこのワインショップに行くと、特に
ニッカウイスキーの「余市」をよく見かけます。そういえばイータリーにもありました。
それまでのどが焼け付くようなものや、鰹節をかじったような燻した味のスコッチ
ウイスキーを飲んだせいか「余市」や「竹鶴」のまーなんとまろやかなこと。ほっと
リラックスさせられるやわらかいのみ心地。イタリア人の口にもスコッチウイスキー
より、こちらのタイプのほうが合うと思いました。
日本のウイスキーはボトルやラベルデザインのスタイリッシュさでもピカイチで
ロマーノ達の目を惹いていました。

2

ウイスキーの世界で興味深いのは”DISTILLERY MANAGER”と
いう仕事。ワイン造りでいうエノロゴ、日本酒造りでいう杜氏です。
熟成樽や熟成年数を決めるだけでなく、ウイスキー造り全般の業務
を主導する人で、これこそ天職でないとできない任務。
一度その仕事ぶりを見てみたいものです。

4

今回のウイスキーの試飲会にしても一人も酔っ払う人もなく、やはり
イタリア人がいかにアルコールに強い体質であるということを改めて
感心しました。
さんざん試飲したあとフツーに車を運転して帰る人もたくさんいたので、ほんと
にあっぱれです。

********************

SPIRIT OF SCOTLAND

*******************

|

« ローマでの東北大震災被害者追悼ミサと復興支援歌『花は咲く』コンサート | トップページ | ブルネッロ・ディ・モンタルチーノワイナリー『PIETOROSO ピエトローゾ』 »

パーティー・イベント - FESTA/EVENTO」カテゴリの記事