« 第3回ローマウイスキーフェスティバル『SPIRIT OF SCOTLAND』 | トップページ | 日本のネコカフェ、トリノに上陸! »

2014/04/02

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノワイナリー『PIETOROSO ピエトローゾ』

Dscn6269

先週のオバマ大統領のローマ訪問で、飲食業界の話題となったのが
晩餐会で大統領が舌鼓をうったというワイン。その銘酒は、このブログ
でもご紹介した『LE POTAZZINE レ・ポタッツィーネ』のブルネッロ・ディ
・モンタルチーノ2006。モンタルチーノでもアメリカ資本の大手有名メーカー
『バンフィ』でなく、地元でも最小規模の造り手『レ・ポタッツィーネ』だったと
いうところに、この晩餐会の主人である在イタリア米大使に心の中で
拍手。

バローロやバルバレスコと並んで、イタリア3大高級と称されるのがトスカーナ
のブルネッロ・ディ・モンタルチーノ。ブドウはサンジョヴェーゼーグロッソ100%。
このワインを生産する地域の面積は、キャンティの4分の1の小ささ。その中に
250社のワイナリーが点在します。地元で最小規模のワイナリーが『レ・ポ
タッツィーネ』。そしてもうひとつ、同じくらいの小さなワイナリー『ピエトローゾ』
があります。

800ヘクタールもの土地を所有しワイナリー内で夢のようなお城とホテル、レスト
ランを経営する『バンフィ』や、ワイナリー内にゴルフリゾートを運営するフェラガモ
家の『カスティリオーネ・ボルゴ』、世界にブルネッロが高級長熟ワインであること
を国際的に知られるきっかけとなった『ビオンディ・サンティ』など、豪華ワインメーカー
が立ち並ぶ中で、フィレンツェの裏路地にある皮職人の工房のような狭苦しい
ワイナリーが『ピエトローゾ』。
1970年代から祖父がワイン造りをしていた場所を引き継いで、昔ながらのワイン
造りをしているのが現オーナーのジャンニさん。奥さんのチェチリアさんと兄弟
に見える息子のアンドレアと家族ぐるみでコツコツとワインを造っています。

Dscn6337_2

『ピエトローゾ』の”ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ”は通常のブルネッロよりも1年長く
樽だけで合計36ヶ月の熟成をしています。つまり、他社のリセルヴァにあたります。
一方”ロッソ・ディ・モンタルチーノ”は、中樽と大樽で12ヶ月の熟成。十分ブルネッロ
と肩を並べる風格あり、お手軽価格なのに決してセカンドラベル的なワインでない
ところにまたこのワイナリーの素晴らしさを感じるのです。

Dscn6342

そんなトスカーナの昔ながらの極上ワインを、こんなステキなガラス張りの
新しいサロンで満喫!
チェチリアのお母さんの手造りのトスカーナ料理と『ピエトローゾ』のワイン
のマリアージュ。モンタルチーノの丘が見渡せる景色を眺めながら、幻のような
ランチ。

Dscn6304_2

ローマの3ツ星レストラン『ラ・ペルゴラ』のワインリストにも名を連ねている
『ピエトローゾ』のブルネッロ。飲めば飲むほどに語りかけてきてくれる、

トスカーナの偉大な土地を体感できるワインです。

Dscn6334_2

詳しくはワインを愉しむ通販情報誌【レコルト第12号】にて。

***********************

グローバルレコルト編集室

***********************

|

« 第3回ローマウイスキーフェスティバル『SPIRIT OF SCOTLAND』 | トップページ | 日本のネコカフェ、トリノに上陸! »

生産者訪問 - VISTIA DI PRODUTTORE」カテゴリの記事