« 『TRATTORIA EPIRO トラットリア・エピロ』 | トップページ | 話題のグルメバーガー『PIANOSTRADAピアノストラーダ』は女の園 »

2014/06/26

予約のとれないトラットリア『FLAVIO AL VELAVEVODETTO フラヴィオ・アル・ヴェラヴェヴォデット』

Dscn7344

期待通りによかった店。
ローマ下町テスタッチョ地区の隠れた人気店『フラヴィオ・アル・ヴェラヴェ
ヴォデット』。
この長い名前のトラットリアは20年前からあるお店で、ちょうどテスタッチョ
市場のすぐ近くに位置します。数年前から経営に同地区の『DA FELICE
ダ・フェリーチェ』のオーナーが加わり、ローマ郷土料理の店としてますます
パワーアップしたというもの。
ここがなかなか予約が取れないんですよ。特に屋上のテラス席。
周りに大きな建物がないせいか、ローマにいながらトスカーナの田舎に
でもいるようなのどかなムード。

Dscn7345

トラットリアですがこのようになかなか充実したワインセラーがあります。

Dscn7367

ワインはカンパーニャ州のグレコ・ディ・トゥーフォ。

グレコ・ディ・トゥーフォは大量生産型安ワインがほんとに多いのですが、「PI

ETRACUPA ピエトラクーパ」のグレコはエレガントさあり、ブドウそのものの

おいしさが感じられます。

初夏の蒸し暑い日差しの下、キリリと冷えた格別の白ワインを飲む快感。

これやめられませんね。

ちなみにハウスワインにもこだわっていてラッツィオ産のマルバシアの

自然派ワインがあります。

Dscn7359

さて、アンティパストはプーリアの名物チーズ、ブッラータとアンチョビの
ブルスケッタ。美味しいものの定義、カロリーたっぷり。

Dscn7350

コテコテのローマ郷土料理のオステリアにて、これを外すわけにはいき
ません。カルボナーラ。
メニューではリガトーニとなっていたのですが、スパゲッティに変えて
もらうようリクエスト。なんなくOKしてくれました。
絶妙のアルデンテ具合。芯が残っているわけではないのですが、しっかりコシが
ある。ローマ一とは言わないまでもなかなか満足感をもたらしてくれた
カルボナーラ。

Dscn7348

こちらはもう1つのローマ典型的なパスタカーチョ・エ・ぺぺ。

カーチョはチーズ(ペコリーノ)、ぺぺは黒コショウ。これだけの

シンプルなパスタです。

手打ちパスタのモチっとしたコシも抜群!このパスタにありがちな塩辛
すぎ、ということもなく、素朴ながらもコクのある一品。
炭水化物依存症になりそうなおいしさ。

Dscn7362

この店の名物”ポルペッタ・ディ・ボッリート”。つまり茹でた肉のミートボール。
これもまたローマに古くから伝わる家庭料理なのですが、なんせすごく手間

のかかる料理なんですこれが。そのためか、老舗トラットリアなんかでも

めったにないメニュー。このブログでも紹介したテスタッチョに住むVERA

おばあちゃんが、昔よく作っていたとレシピを教えてくれたのもこの一品。

生のミンチから焼き上げたハンバーグではなく、一度茹でた肉を丸めて

焼いています。

Dscn7364

ポルペッタの中身はこんな感じ。肉だけでなくありとあらゆるものが入って
います。ちょっとコンビーフみたいな繊維がありながらやわらかい舌触り。

さらにいろいろな野菜や香辛料の風味がかみしめるごとに広がります。周りに

パン粉をつけてフライパンで焼いてあるだけなのであまり脂っこくもありません。
じっくり観察しながら一口一口味わっていたら、なんとお店の人がレシピを
くれました!

Dscn7369

材料:
<A>
牛肉
鶏肉
たまねぎ
セロリ
ニンジン
ジャガイモ
<B>
モルタデッラハム
水にひたしてやわらかくしたパン
ニンニク
レモンの皮のすりおろし
たまご
イタリアンパセリのみじん切り
パルミッジャーノチーズすりおろし
ナツメグ
塩コショウ

作り方:
1.Aの肉と野菜を一緒に茹で、これをミンチ状にします。
2.ミンチ状にしたBを入れ全部一緒にこねてハンバーグの形をつくります。
3.パン粉をつけてフライパンで焼き上げ完成。

一緒にいたテスタッチョ育ちの友人が「おばあちゃんが毎週週末に
つくってくれて食べた料理」という話をしてくれました。
こんな手間のかかる料理、今ではあまり家庭どころか、トラットリアでも
ほとんど食べられないので、そういう意味でもここは貴重な店。

Dscn7357

つけあわせにはカポナータ。なかなかコントルノの野菜料理も充実
しています。

Dscn7375

最後の〆は冷えたアマーロで。

サービスも丁寧で、予約が取りにくいこと以外は文句なしのトラットリア。

昼間もいいけど、夜もステキそう!週末ごとに行って1週間の疲れを
癒したい店。

Dscn7376

************************************

FLAVIO AL VELAVELODETTO
フラヴィオ・アル・ヴェラヴェヴォデット

Via di Monte Testaccio 97/99 Roma
Tel 06 5744194

************************************

|

« 『TRATTORIA EPIRO トラットリア・エピロ』 | トップページ | 話題のグルメバーガー『PIANOSTRADAピアノストラーダ』は女の園 »

ローマレストラン - ROMA LOCALE」カテゴリの記事