« 『HEINZ BECK IN TOKYO』 ハインツベック東京上陸 | トップページ | 琳派400年記念限定純米吟醸酒『月の桂』TSUKINOKATSURA PREMIUM SAKE »

2014/09/22

京都『通しあげそば鶴』で日本酒三昧

Img_503506828240025_4

ローマに戻ってからしばらく経つのですが、このところネコの手も借りたい
ほどのあわただしさでブログ更新を怠っておりました。。。
少し戻って京都でのできごとをアップします。

京都の何よりの愉しみは、高野の『そば鶴』さん。
ローマにいるときから計画しているので、いざ、のれんをくぐるとき
からどうにもハイテンションになってしまうのです。

お昼のお蕎麦ももちろん最高なのですが、夜の一品料理は一流割烹
レベル。ご主人がへしこ職人のおばあさんから習ったという自家製へしこ
や、京都でもこのレベルの魚をそろえているのは珍しいという新鮮な刺し身
京都の旬の野菜、などなど、最高の素材を使った手の込んだお料理がでてきます。
そして、さらなるこのお店の醍醐味は、ご主人がさりげなくすすめてくれる
日本酒。よくこのカウンターのスペースに、と思うほど、数々の一升瓶があちこち
から出てきます。
この日も各地のお酒を飲ませてもらったのですが、中でも印象的だったのが
この『平考酒造 超辛口純米酒 日高見』。宮城県石巻のお酒です。
東日本大震災で破壊的な被害を受けたにもかかわらず、生き残った蔵としても
知られています。

可憐な陶器のおちょこでゴクリ。
なんという艶やかな風味!辛味、コク、旨みの躍動感のあるひろがり、クセの
ある後味、でもどんなお料理にもしっとりと寄り添うようなしなやかさ。
ギャーおいしすぎー!!!
この石巻のお酒を飲みながら大好きなアブルッツォ州のワイン、ヴァレン
ティーニの『CERASUOLO D'ABRUZZO』を想い出しました。
もちろん味わい自体はぜんぜん違うのですが、なんというか風味の重層感
とか、独特の個性があるのにどんな料理にもしっくりくるおおらかさ、どちらも
そんな”懐の深さ”みたいなものが共通しています。
時間が経つにつれてあれよあれよと妖艶に変化する香り、飲む温度によって
驚くほどいろいろな表情を見せてくれるところも似ています。
今度はこの『日高見』を熱燗で飲んでみたいな!

そんな贅沢な至福にひたっているところに、ご主人がまた次また次といろいろ
なお酒を出してきてくれました。
さりげなく深い話をしながら、注いでくれるのでついつい好奇心を掻き立
てられ飲みつづけてしまうのです。

そして日本酒愛好家も開眼させられる、広島の竹鶴酒造の杜氏石川達也氏
の”間違いだらけの酒常識”という本を見せて頂きました。本というより冊子なのですが
これすごい内容です。

Dscn8052_2

いつか、日本で本格的に酒蔵巡りをしてみたいな。
もっともっと日本酒のこと知りたいなー。

さんざんお酒を飲んだあと、ざるそばで〆るこの贅沢。
また『そば鶴』に行ける日を指折り数えながら。。。

Dscn8005

******************************

通しあげそば鶴

京都市左京区高野玉岡町 74
電話 075-721-2488

******************************



|

« 『HEINZ BECK IN TOKYO』 ハインツベック東京上陸 | トップページ | 琳派400年記念限定純米吟醸酒『月の桂』TSUKINOKATSURA PREMIUM SAKE »

京都レストラン - KYOTO LOCALE」カテゴリの記事