« 『料理通信12月号 THE CUISINE MAGAZINE DICEMBER』 | トップページ | カラブリア州ポリステルナ村『DONNA NELA ドンナ・ネーラ』 »

2014/12/08

『SENSI BY HEINZ BECK センシ・バイ・ハインツベック』でパスタ愛炸裂

Fullsizerender_2

ジュゼッペ・モラーロ、ナポリ出身。
『センシ・バイ・ハインツベック SENSI BY HEINZ BECK』のシェフ。
15歳のときにはすでにファミリーの経営するレストランで働いていたそう。
ナポリの料理専門学校そして、スローフード協会のピッツァ
職人コースを卒業。

地元ナポリから飛び出し、北アイルランドのレストラン、そしてスペインの3ツ星
『エル・ロコ・デ・カンファべス』に勤務。ハインツベック率いるローマの『ラ・ペルゴラ』
同じくぺスカーラの『カフェ・レ・パイオット』、ポルトガルコンラッドホテルの
『グスト・バイ・ハインツベック』を経て東京へ。

Img_0208_3 Fullsizerender3_2_2  

ナポリ出身にしては寡黙で、コツコツと仕事をこなす職人肌。
「国籍の違うスタッフと一緒に仕事をするのが好き。自分はどこの国でも
働ける。」というジュゼッペ。どこの国でも独学で言葉を学び、スペイン語
ポルトガル語も、英語でも問題なく仕事をこなせる機用な料理人。

『センシ・バイ・ハインツベック』のパスタは特にレコメンド!

この寒い季節には”鴨のトルテッリ グラナパダーノと黒トリュフのソース”。
長い仕込時間をかけてつくられる、鴨の胸肉と腿肉をあわせ、リコッタチーズと
香草を練りこんだ具を包んだ自家製トルテッリです。

”海老とズッキーニ、ライムと生姜のスパゲッティー”も具材の組み合わせが面白く
おいしかったなー。クリーミーなのにフレッシュ。

”カボチャのクリームとチーズのニョッキ 砕いたアマレッティ添え”も真珠くらいの

大きさの小粒ニョッキもなんとも心地よい食感。ニョッキ=餅のような重たいパスタ

という今までの概念が覆される一品。

イタリアでもこんなパスタはなかなかめぐり合えないのです。

パスタマニアのみなさま、ぜひお試しください。

*******************************

SENSI BY HEINZ BECK

東京都千代田区丸の内1-1-3
                  日本生命 丸の内ガーデンタワー1F
Tel 03-32840020

*******************************





|

« 『料理通信12月号 THE CUISINE MAGAZINE DICEMBER』 | トップページ | カラブリア州ポリステルナ村『DONNA NELA ドンナ・ネーラ』 »

東京レストラン - TOKYO LOCALE」カテゴリの記事