« 『VIOLETTA DI SICILIA ヴィオレッタ・ディ・シチリア』 | トップページ | 『料理通信2015年4月号』 »

2015/02/04

知る人ぞ知るナボーナ広場の奇跡 『TRATTORIA SETTIMIO トラットリア・セッティミオ』

1

ローマの老舗ワイン商パオロからこのお店を教えてもらったとき
どこにあるのかピンと来なくて何度聞いてもわからなかった。
何度も、何百回もこの道を、この店の前を通っていたはずなのに。
そしてこの店はローマの超街中、カンポ・ディ・フィオーリ、ナボーナ
広場から歩いて5分という場所にある。つまり観光客向けの店が90%
を占めるという最悪の立地。にもかかわらず知らなかった。。。。

2_2

確かにローマグルメでも知る人ぞ知るコアな店で、ちょっと一見さん
お断りっぽい雰囲気も漂うのがこの『セッティミオ』。
1932年創業、80年以上の歴史のあるトラットリア。

4

今は先代の息子マリオさんが接客、厨房は奥さんのテレーザさん
が切り盛りするという典形的な夫婦経営。
家具も食器やリネンも昔のそのままのものを使って、いい味でてます。
フォークもちょっとゆがんでいたり。。
メニューは典型的なローマの家庭料理。仕入れによって毎日日替わり
のメニュー。そして日曜だけこの店の名物で、テレーザさんの手打ち
フェットチーネがあります。

5

A4の紙にあるメニューはいたってシンプル。
プリモピアットは2品だけ。
この写真のスパゲッティポモドーロとパスティーナ・イン・ブロード。
前者は注文してみたら、ミンチ肉も入っていてラグーになってました。
なんのヒネリもないおいしさ。

6

2つのメニューのもうひとつがこれ『パスティーナ・イン・ブロード』。
ちょっと写真には見えにくいのですが、お米のような形をしたパスタが入って
います。これを食べたローマっ子の友だちが思わず「これ、子供のころ
カゼをひいたらおばあちゃんが作ってくれた料理だ!」と言いました。
鶏の出汁のスープに小さなパスタが入っているだけのシンプルなスープです。
これは今日の大ヒット。なんという慈愛に満ち満ちた味でしょうか。
”やさしい味”というのはこういう料理なんだーと体にしみわたりました。
これはトラットリアの味でもない。レストランだとここにもっといろいろな具材を
入れてボリューミーにしますが、これはまさにマンマの手料理です。
これは毎日でも食べたいなー。

7

ワインはこの店のプライベートラベル。これしかありません。
白はパッセリーナ、赤はチェザネーゼ・ディ・ピーリオ。
テーブルワイン以上でも以下でもなく、まさに地酒。

8

セコンドは肉料理を中心にいくつかあります。
こちらは仔牛のジェノヴェーゼ。甘くなるまでじっくり炒めたタマネギ
と仔牛。脂っこくなく、これもシンプルにおいしい。

9

牛のポルペッタ。ほんとに素朴なハンバーグ。ほんのりチーズの香り。
肉が柔らかくおいしい。
これもいかにもお母さんが家で作るおかずですね。

10

ビエータのアグロ(ゆでてオリーブオイルと塩であえたもの)。
ちょうどよい茹で具合。

11

デザートは自家製でないよ、ということだったのですがお薦めのモンブラン。
生クリームとメレンゲと栗。ものすごい甘いさ。でもおいしい!

ご主人のマリオさんはサービスし終わったら、空いているテーブルに座って
じっくり新聞を読みふけっていました。その隣で奥さんがエプロン姿でにこやかに
ずっと野菜をさばいて処理していました。まさに誰かの家の台所の風景のよう。
厨房もこじんまりとして、でも壁はタイルと大理石だったりしてステキすぎ。
これはご夫婦自慢のグラス棚。最高の大理石でオーダーメイドだそう。
何十年も経っているのにワインの染みひとつなくピカピカに磨いてありました。

3

ここの料理は”トラットリア”のようにボリューミーでも油っこくもなく、飾り気も
ヒネリもない料理で、”食堂”と呼ぶには上品すぎる、ほんとにおいしい昔ながら
の家庭料理お店。
家族で何年も通っているというような常連が多いそう。ローマでは珍しく、一人客
でもウカない感じの落ち着きがあります。

知り合いのアメリカ人が{NEWYORK TIMES}にローマ一おいしい自家製フェット

チーネの店と紹介したら、アメリカ人グルメから「ローマでこの店よりもおいしい

手打ちパスタは他にもっとある!」とクレームが多々あったそうです。確かに
もっと凝った、もっと洗練された自家製パスタを出す店は他にありますが、ここは
そういう派手さはないもっと渋い店なんですぅー。

わざとらしいカントリー風のインテリアに脂ぎったアマトリチャーナ、表面が乾い
た生ハムを提供し、アルバイト外国人の料理人とカメリエーレで成る店が連なる
この地域で、ここは貴重な存在。
京都では、百万遍の中華料理店『華祥』が学生の安食堂地区にあるにもかかわ
らず、洗練されたおしいさで別名”百万遍の奇跡”と呼ばれているので
それにちなんでここを”ナボーナ広場の奇跡”と呼ぶことにしました。
(ローカルネタでスイマセン)

値段も良心的で胃もたれもなく大満足。またこよーっと。

*********************

SETTIMIO セッティミオ

Via Pellegrino 117 Roma
Tel 06 68801978
水曜定休・要予約

********************






|

« 『VIOLETTA DI SICILIA ヴィオレッタ・ディ・シチリア』 | トップページ | 『料理通信2015年4月号』 »

ローマレストラン - ROMA LOCALE」カテゴリの記事