« ピットエリアとディッシュアップ | トップページ | 究極のモッツアレラ・ディ・ブーファラ『TENUTA VANNULO テヌータ・ヴァンヌーロ』 »

2015/06/29

ミラノブレラ地区『SUSHI B』

1_4

今ミラノで一番新しい鼓動を感じるレストランがここ『Sushi B』。
昨年7月にオープンしたお店で、寿司屋でもなく和食亭でもない。
真新しいカテゴリーの空間なのです。

日本人建築家によるインテリアデザインで、照明もこだわっています。
スタイリッシュでグリーンいっぱいのみずみずしい店内では、ミラネーゼ
たちが早くも日本酒のカクテルでアペリティフをしていました。

バーテンがカクテルをふるまう解放感あふれるテラス席とうってかわって
室内は日本人寿司職人が目の前で握ってくれる銀座の高級寿司屋のような

カウンターもありいろいろなシーンが楽しめるようになっています。

某サッカーチームの会長も常連だそうな。

3_2

ここのシェフは長い間マルケ州のミシュラン二つ星レストランのモレーノ・
チェドローニの右腕をしていた新森(ニイモリ)氏。和食出身でなくイタリアン

のシェフによるお料理の始まりにワクワク。

6_2

まずはアミューズから。
こちらはカニとパプリカの春巻き。
寿司屋と思って来た人には驚きのスタートです。

2

前菜は、ホタテとシチリアの赤海老、リンゴットキャビア添え
柚子とオレンジ風味の泡。上にのっている黒いチップスの
ようなものはプレスしたキャビア。
魚達の新鮮な食感と甘味、素材の爽やかなハーモニー
にうっとり。

3

マグロのづけを巻いた裏巻き。周りにはカリカリの天かすがのって
います。マグロのおいしさ、ごはんのおいしさ満喫。

4

デザートは、ラズベリーのマカロンに梅酒のゼリー、柚子のシャーベット。

軽くいただいいたディナーでしたが、なんともイタリアンと和が軽やかに
マリアージュされ、新世界が目の前に広がるような体験でした。
東京で和食出身の料理人による高級イタリアンというのはいただきましたが
イタリアン出身のシェフによる和食というのは初めて。
メニューをめくると、なんだか不思議な名前のメニューがたくさん。
それぞれの料理にワインがあうのか日本酒があうのか、一皿一皿
ためしてみたいなー!

この先どんどんと新しいシェフによる今まで存在しなかったカテゴリーの料理

がイタリアにも誕生していくのかもしれません。そんなうれしい予感をもたらしてくれた『SUSHI B』の料理。寿司でもない、和食でもない、イノヴェーションでもない。
このスタイルを”新森料理”と名付けました。

*********************

SUSHI B

Via Fiorei Chiari 1/A Milano

**********************

|

« ピットエリアとディッシュアップ | トップページ | 究極のモッツアレラ・ディ・ブーファラ『TENUTA VANNULO テヌータ・ヴァンヌーロ』 »

ミラノレストラン - MILANO LOCALE」カテゴリの記事