« 『料理通信6月号』 | トップページ | グラード湾に浮かぶ魚料理の店『TRATTORIA AI CHIODI トラットリア アイ・キオーディ』 »

2016/07/04

新奇コンセプト満載の店『RETROBOTTEGA レトロボッテーガ』

111_2

昨年12月、ローマの中心地にオープンした『レトロボッテーガ』。
最近のマイブーム、久しぶりの大ヒット、完全にはまってます。

ローマの2ッ星イノヴェーティヴイタリアン『イル・パリアッチョ』の厨房で長年
同僚だったロ・イウディチェ氏とミオッキ氏が2人で独立、ハイレベルな料理が
居酒屋感覚で食べられるというなんとも画期的なお店。

「ファーストフードから3ツ星まで、カウンターで食べるスタイルが主流の日本の
飲食店は、客と客、客と料理人の会話が生まれ、ヨーロッパの区切られたテーブル
席の空間とは違い、インフォーマルな空気感がある。それが自分たちのコンセプト
にぴったり合ったんです。」というロ・イウディチェ氏。
1ヶ月かけてまわった日本の飲食店を参考にし、店内はL字型のカウンター
を中心にした内装に仕上げています。
カウンターの向こうには、パスタを打ったり、お皿に盛り付けをする料理人たちの
手仕事が見えます。

ワインや水などのドリンクは客が自分で店内の冷蔵庫から取り出すようになって
いて、ワインも自分であけます。コーヒーもマシンが置いてあり、飲みたい人は
ご勝手に。
人件費の高いイタリア、彼らはホールスタッフをほとんどおかず、できるだけ
セルフサービスにしているのですが、このスタイルもまた客ウケしているのです。
そしてワイングラスはよく見るとプラスチック。

厨房の中を眺めていておもしろいのが、それぞれパートが違うスタッフ達が
「もうすぐパスタが茹で上がるぞー」とか「ソースはできたか?」などお互い声がけ
することなく、確認しあうことなく、1テーブルからの複数の注文をピッタリと同時に
仕上げていること。
相手の様子を見て把握しているのか、これはすごいワザ。チームワークの極み!
またどんなに満席になろうが、厨房の誰一人慌てることなく、淡々と手だけを
動かしていること。とにかくすぐ口が出るこの国民性からして、なんどもクールで
平和な空気が流れているのです。
イウディチェ氏が29歳、その他スタッフもみんな若いのに騒がしくない!
すごいプロフェッショナルな仕事ぶりなのです。

お任せコースもありますが、黒板に書いてある日替わりメニューの中から
アラカルトで注文。

4_2
まずはアミューズから。
石の上にちょこんと。

55_3  

アンティパスト、バッカラとネギ、ジャガイモのピュレ。
素材の使い方といい盛り付けといい、星付レストランのキャリアが
出てますね。
低温調理+グリルにしたネギの甘味と、決して塩辛すぎないバッカラ
自家製マヨネーズ、全てのハーモニーにうっとり。

33

こちらもアンティパストでウサギのサラダ。
ウサギは苦手な私もこれは食べられました。
赤いソースはパプリカ。
そういえば冷たいウサギ料理って始めて。熱いウサギ料理よりも
上品な味わいで驚き。

66

胸腺肉のフライ。これもアンティパストから。
白いのはブルーチーズのクリーム。

110

アルソというプーリア州の小麦のパスタ。このパスタ、弾力があって
病みつきになる食感。ちょっと蕎麦に似ています。
ムール貝とボッタルガ添え。

99

ポルチーニ茸と、つぶ貝のカヴァテッリ。
山と海の香り両方が楽しめる一品。
このパスタももっちりしていておもしろい食感。

77

そして今日のヒットはこれ。
スパゲッティー アーリオ、オーリオ、ペペロンチーノ。
パスタの茹で具合といい味わいといい、一口食べて唸りました。
おいしすぎ!

11

おまけ。
タコとトマト、ボッタルガのおつまみ。
メニューにはなかったのですが、ワインに合わせて即興で作ってくれました。
さすがの一言。

どのお料理もしっかりお皿を温めているところ、ピッカピカになるまできれいに拭き
一点の曇りもない状態で盛り付けているところ、などなど星付レストラン的な
完璧な仕事ぶり。

いつ行っても満席ですが、予約は受け付けていません。
テーブル席もありますが、断然カウンターが楽しいのでちょっと時間帯をずらして
行くのが常連ワザ。
12時から深夜までノンストップ営業で、夕方などでも食事ができます。
月曜定休。

新奇コンセプトもおもしろいけど、何より料理がとにかくおいしい店。
オ・ス・ス・メ!!!

8

**********************************

RETROBOTTEGA  レトロボッテガ

**********************************



|

« 『料理通信6月号』 | トップページ | グラード湾に浮かぶ魚料理の店『TRATTORIA AI CHIODI トラットリア アイ・キオーディ』 »

ローマレストラン - ROMA LOCALE」カテゴリの記事