« 2016年7月 | トップページ

2016年9月

2016/09/09

ローマ料理とサービスの真髄『OSTERIA DELL'ANGELO オステリア・デル・アンジェロ』

Angelo_3

ローマはバチカン市国よりそう離れていないところにある『オステリア・デル・
アンジェロ』。スローフードオステリアガイドに25年以上掲載されているという
筋金入りの人気店。
メニューはコテコテのローマ郷土料理が一通り。さらに店内にある大きな暖炉で
ガツンと炭で焼いてくれる肉もこれまたおいしい。
でもなんといってもこの店の名物は経営者のアンジェロさん。
元イタリアナショナルチームで活躍したラガーマンで、その名の通りしっかり
耳がつぶれてる。趣味は釣。ヨットを持っているので休日には海へ繰り出し
大きな魚をつってくる。松方弘樹+釣り上げたマグロの写真みたいなショットを

いつもうれしそうにスマホで見せてくれるアンジェロさん。男のロマンやね。
そこそこ歳とってると思うけど、ピンと姿勢がよくて、昔はブイブイいわしてたん
だろうなーと思わせるニクイこの笑顔。厚い胸板にぴったりしたシャツが映えますわ。
よく見ると、わ!左目の下に涙の形の刺青。うれし涙かな。

で、このオッサンがまたいいサービスをしてくれるのです。

Fagioli

こちらは白あずきを肉を煮込んだトマトソースで煮込んだもの。
テーブルワインとともにまずはブルスケッタやおつまみがどんどん出てきます。

Pasta

これおいしかったなー。トンナネッリという角ばった卵入りの生麺。これに
ムール貝とペコリーノチーズがたっぷり。
結構しっかりした噛みごたえで、芯まで貝の出汁が染み込んで食べ飽きない。
貝とチーズの意外な組み合せもいけるね。

Niku_2

鶏もも肉の炭火焼き。塩とレモンだけで。
外側はパリッと、でも肉はジューシー。
あの暖炉のなせる業。
シンプルイズベスト。

前菜+パスタ+セコンド+テーブルワインで25ユーロフィックス価格(炭焼きは別料金。でも若干の差)という、今どきのローマでは耳を疑うプライス設定。しかも素材がよくおいしい。

大満足!なのはいいけど、今夜のディナー消化するにはラガーマン並みの胃がほしいナー。(涙)

*************************

OSTERIA DELL' ANGELO

Via G. Bettolo, 24-32, Roma

Tel 06 372 9470

*************************

|

« 2016年7月 | トップページ