その他 - ALTRI

2015/05/25

『ミラノ世界万博 EXPO MILANO 2015』

00_3

5月1日にとうとう開幕したミラノ世界万博2015。
工事の遅れや、反対派による暴動などいろいろな懸念があったものの
訪れてみると、そんな心配もすっかり忘れるほど各国平和ムードで盛り
上がっていました。
ミラノ万博のテーマは「地球に食料を、生命にエネルギーを」。
110ヘクタールの会場に、53カ国のパディリオンがあります。
5月1日から10月31日まで184日間開催されています。

ますは会場の中心地に建てられたミラノ万博のシンボル、”生命の樹”の
写真から。これは夜はライトアップされるのですが、正直これを見て、大阪
万博の”太陽の塔”を造った岡本太郎さんの偉大さをしみじみと感じてし
まいました。実際に見たわけでもないですが40年前の”太陽の塔”のほう
がよりモダンで新しいシンボル的なインパクトを放っていました。

0

この巨大な会場には2つの出入り口が両端にあります。
タクシーで乗り付けた場合と、地下鉄で来た場合の出入り口に分かれます。
タクシーの場合はかなり空いていました。後日地下鉄の出入り口からも
出入りしましたが、混んでいる上に駅から会場まで結構歩きます。

0a

万博会場が見えてきました。

タクシーの出入り口から近くにある日本館へ直行!ありました!
日本館は”めり込み”という技術によるはめ込んで組んだだけの木材で
造られています。

1

2

実は日本館は53あるパディリオンの中でもトップ3に入る人気という
全国紙の記事が語っているほどで、訪問される人には朝の開幕と
同時にまずは日本館に直行されることをおススメします。
これが40分以上の行列なのです。
(今は状況が変わっているかもしれませんが。)

3

エントランスにはスポンサー企業の看板がありました。

ここからが日本館の展示会場になります。

4

4a

5

5a

6

6a

6b

7

8

9

10

11

2階建ての日本館には9つの展示ルームがあるのですが、展示会場ごとに
それぞれの観覧時間が決められていて、ある程度の人数ごとにまとめて
団体行動をするようなシステムになっているので、結構時間がかかります。
待ち時間を合わせると結構な時間を要します。また途中で抜けることは
できません。なので、そのところをわかって入館しないと後で困ることになって
しまいます。

これは全部の展示を訪問者にしっかり見てもらおうという趣旨なのかもしれ
ませんが、外国人の訪問者の中にはこのシステムに結構困惑している人た
ちがいました。

13

9つの展示ルームを出ると、今度はフードコートのようなホールがあり
4つのお店と、懐石料亭「美濃吉」があります。

12

-天ぷらとおそば「サガミ」
-カレー「ココイチ」
-和牛 すき焼き&ステーキ「柿安」
-ハンバーガー「モスバーガー」

どこもかなり流行っていました。日本人スタッフもキビキビしながらも
堅苦しさはなく、笑顔で対応していてここはなかなかよかったです。
このように注文とお支払いはマシンで行い番号をもらいます。

14

16

ああ懐かしい!モスバーガー!高校生のときよく行ってたんですよ。
外国の来場者も若い人にやはりモスバーガーは人気がありました。

17

18

悩んだあげく、天ぷらそばを注文。期待以上においしかった!
麺のコシ、茹で具合、天ぷらの軽やかさ、満足。
このお料理をいただいて、日本からスタッフが来て裏手ではいろいろと
大変な業務があることと想像しながらも、その努力が功を奏しているよう
に感じられました。

19

そして脇に隠れるようにひっそりとあったのが京懐石の「美濃吉」。
カウンターの席数も少なく完全予約制。
メニューとお値段がありましたが、ミラノで京懐石がこの値段で食べられる
のであれば決して高くはないと思いました。

20
21

日本館を出て、各国のパディリオンへ。
1日で53のパディリオン全部をもちろん観ることは不可能で、ざっとよかった
国だけ写真アップします。

まずはアメリカ。壁側には縦型の畑が。

A

カタール。この民族衣装の人たちが並ぶと圧巻ですね。イタリアでも日本でも
見かけないので新鮮でした。

B

バチカン市国。世界一小さな国ですがひとつの国家なのでパディリオンも存在
するわけですね。

C

クエート。パディリオンの前には砂がひいてあり砂漠を再現。

D

クアドール。遠くから見るとわからないのですが、実はこの色とりどり
の壁は伝統工芸のビーズでできています。

E

純白の建物は韓国。ここも人気館の1つ。展示内容も国際的で
おもしろかったです。館内には韓国料理のレストランも。

I

フランス。お洒落でかわいらしい館内で、展示内容もおもしろかった。
名物のブーランジェリーでバケットやクロワッサンの販売も。

K

L

ヴェトナム。建物はものすごくステキだったのですが、中は少量の展示
しかなくがっかり。

M

ここも食の宝庫。スペインです。館内では生ハムやリオハワイン、オリーブ
オイルなどを分りやすく紹介。やはりフェラン・アドリア氏は国民的なスター
なんですね。

F

名物のオリーブオイやワイン、チーズ、食品などの小売販売コーナーも。
これは楽しい企画。

G

スペインの名物タパスが味わえるテラスレストランもひときわステキでした。

H

ミラノ万博の主役、イタリア館へ。
これは”森”をイメージした曲線の建築で、3階建てになっています。

O_2

ここもまたすごい行列。
平日はイタリア中の学校から修学旅行で訪れるので、学生の行列で
1時間待ちでした。

入るとすぐにイタリアにある22の州の各州から1人ずつ、自分の土地に
ついて、人生について、将来について語っている声が聞こえてきます。
州によっては無名の大学生などランダムなのですが、フリウリ・ヴェネツィア
州はカリスマ的ワインの造り手である大好きなヨスコ・グラブナーさん。
ちなみにアブルッツォ州は3ツ星シェフのニコ・ロミートさんでした。

P

その次の展示はテーマが”イタリアの風景”。
全面総鏡になっており、これがまさに万華鏡の中にすっぽりと入り
込んだような錯覚に陥る迫力で、素晴らしいアートでした。
みんなテンションあがりまくり。

Q

R

その次はイタリアを代表する内装の美しい宮殿やヴィッラをテーマとした展示。

S

T

U

V

W

イヤーお見事でした。
これは見がいがありました。

X

ほかにもたくさんの展示がありましたが。このミラールームが一番
すごかった、素晴らしかった!と感動していたら一緒にいたある人の
「それにしても、なぜテーマが”食”なのに”建築物や風景”が展示
されているのだろう?」と素朴な疑問。たしかにイタリアだけが
食以外のものも紹介しています。不思議に思って、その場にいた
館内ガイドさんに聞いてみたところ「それは、イタリアの文化は”食”
だけではないからです。風景や建築物にも私たちは世界に誇る文化
を持っているからです。」という答え。
あらまーッ!?さすがイタリア!他の国だって同じことなのに、この万博は
食がテーマということで世界で統一しているのに、この自分勝手な行動=!
やっぱりイタリアだなーとつくづく想わされたこのパディリオン。

X1  

さて、イタリア館の周りにもいろいろなイタリアの団体のパディリオン
があり、中でもおもしろかったのがここワイン館 TASTE OF ITALY
この2階には全国22州の1400種類のワインが州ごとに並べられており
試飲できるようになっています。

000_2

こうして各州ごとに分かれているのでかなり広いのです。
それぞれのコーナーにちゃんとソムリエがいて説明をしてくれます。
もちろん料金制。一気に全国のワインをこうして並べて見たことは
ありませんでしたが、改めてワインとはイタリアが誇る最高の食品
なのだということを体感しました。

0000

全てこの真空状態の冷蔵庫に入れられており、設備投資がどれくらい
になっているのかわかりませんが、さすがイタリアで最も高い輸出利益
を上げている食品、ワインのなせる業です。

00000000

1111

もう1つ印象的だったパディリオンは「未来形COOP」。

2222

555

3333

444

どこの国でも同じですが、スーパーでもどんどんコンピューター化が
進んでいて、なんだか自分も宇宙人になったような気にさせられた生協でした。

まだまだ見所はいろいろありましたが、ざっとおもしろかったところはこんな
感じ。
それにしてもホントによく歩きました。
ミラノでかなり気温があがった時期だったので、ものすごく体力を要しました。
7月末とか8月の猛暑の時期に行くとかなりキツイと思われます。
またイタリア人の修学旅行生が多い平日より日曜日のほうがまわりやすかった
です。食事をするところはいくらでもあり、ランチを持参して公園のようなところで
食べている人も。

世界の食文化を見て周り、改めてイタリアの食文化のすごさを思い知った
イベントでした。なんというかもう何もかもの種類の多さが圧倒的ですねイタリアは。
各州にそこの土地にしかない自慢の野菜、加工品、酒、そして料理があります。
そのバリエーションを守り続けてきたイタリア人の愛国心にもまた圧倒される
ものがありました。

世界の胃袋に圧倒させられたこの万博、イヤーおもしろかった!

**************************

EXPO MILANO 2015
日本館

*************************





|

2015/04/28

ある日曜日の午後

Fullsizerender1

あまりガラのよろしくない地域を歩いていたときのこと。
ふと通りがかったBARにて、幸せオーラに包まれていた人を発見。
愛犬と本とコーヒーで過ごす日曜日。なんのことはない光景ですが
なんだかとっても満たされた空気が流れているのでした。
それにしてもこの二人、似ているなあ。




|

2015/01/17

『THE PASTRY COLLECTION 日本人が知らない世界の郷土菓子をめぐる旅』

Dscn8317_3

驚異的におもしろい本に出会った。
『日本人が知らない世界の郷土菓子をめぐる旅』
郷土菓子研究社、27歳の林周作さんの本。
約1年半かけてヨーロッパから世界各国の伝統菓子をリサーチをした
記録である。本には16カ国、250種類以上の郷土菓子の中から
厳選67種類が紹介されている。

これだけでもスゴイのだけど、その旅というのが自転車!
冗談じゃなくホント!
本の1ページに林さんと自転車の記念写真があるのだが、確かに
大きなスーツケースが前の車輪の両側に備え付けてある。こんな自転車
でヨーロッパ(東欧も含め)横断なんて考えただけで気が遠くなる。

この話を聞いたとき、頭の中で自動的に、ガッシリ体系+日焼け肌という
もろ体育会系青年を思い浮かべていたのだが、京都『ラ・メランジェ』の
松宮さんのご紹介で実際に林さんに会ったとき、あまりのそのイメージとの
差に愕然。色白で細身、バイオリンでも習っていそうな、毎日図書館に
通っていそうな、押し花を趣味としていそうな感じの人だったのだ。

こういう人が心身ともにものすごいパワーを持っているんだろうな、と心の
中でつぶやいたのは的中。
当時働いていたフランスから所持金23万円で、上海めざしてひとり自転車
を漕ぎ出したのだからフツウじゃないね!
旅先の宿泊は持ち金の予算から、民家などに泊めてもらったそう。
泊めてくれたホストファミリーには、お礼として日本の団子を作ってあげたそうな。
林さん以上に、この見知らぬ日本人を受け入れた外国人ファミリーのほうが
シュールな体験をしたに違いない。
そんなフツウじゃないお菓子の旅の本は、林さんがその先々で撮った写真
が盛りだくさん。そして各国の、まさに日本ではまだ紹介されたことのない
郷土菓子がレシピつきで載っている。
イタリアにもよく似たお菓子があって、やっぱりヨーロッパは陸続きなんだなー
と思わされたり、材料とレシピを読んでも想像できない味と食感のものや
今すぐ食べてみたい!これ好きかも!と思わせるものなどなど、ページを

めくるたびにバラエティー豊かなスイーツが登場。
何よりもお菓子の紹介がフッと一人で笑ってしまう、シニカルな独特のタッチで
描かれていて文章としても面白く読める本。
不思議な林ワールドに引き込まれて、一気に読み終えてしまった。
ボスニア・ヘルツェゴビナとかアゼルバイジャンとか、今まで行きたいと思った
こともないような遠い国も、この本のおかげで親近感がわいたし、イタリアに
いる移民を通してしか観ていなかったトルコやルーマニアのお菓子文化を知って
自分の無知さにも気がつかされた。

そして林さんにはなんと林さんが自ら作られたスペインとアゼルバイジャンの
お菓子をいただいた。

Dscn8316

パッケージも商品説明も全部林さんのもの。
スペインはアンダルシア地方に伝わるお菓子”ポルヴォロン”。あらかじめ
炒っておいた小麦粉で作られたクッキーで、グルテンの発生がなくサラサラ
と口の中で溶けるお菓子。林さんのアレンジでほうじ茶や抹茶味に。
なんというやさしい食感!その繊細さは和三盆よりなめらか。何個でも食べたい!
そして餃子みたいなお菓子シェチェルブラ。アゼルバイジャンのお菓子。
これサルデニアの郷土パスタCULURGIONESにそっくり。
食べてみると、サクサクっと香ばしい皮にカルダモンなどのスパイシーな詰め物
があり、日本のフワフワ生クリームのケーキよりもこちらの方が煎茶に合う。

Dscn8325

それにしてもお菓子を通して知らない国の味覚を感じるのって面白い。
確かに郷土菓子ほどその国の、その地方の歴史や風習を外地や後世に
伝えるものはない。それは料理以上かもしれない。この甘い固まりは1種の
学術だとも思う。研究し出すときりがない。
そして何よりも心動かされるのは、林さんのお菓子に対する情熱度合いの
大きさだ。林さんにとってお菓子がある限り、地球は果てしのないパラダイスだ。
これから第二弾アジアの郷土菓子をめぐる旅に出られるそう。
もちろんチャリで!

そのレポートもぜひ読んでみたいな!
そしていつか林さんに世界の強度化しが食べられるお店を日本につくって
ほしいなと真剣に願っています。

**********************

郷土菓子研究社

*********************





 

|

2014/12/17

イタリアペット事情

Cane_rosarno_2

カラブリアのある農家にて。
道路をさまよっていたところをある農家に拾われたジョヴァンナ。
新しい飼い主に見つけられたその1週間後、7匹のフワフワの仔犬が生まれました。

Cane_rosarno_2_3

白が3匹と黒7匹。お母さんのミルクをもらいにコロコロ転がりながら

やってきて吸いついていました。みんな必死!

77

ジョヴァンナの餌皿には大量のトマトソースのパスタが盛られていました。

残飯はご飯じゃなくてパスタ。そりゃそうだ。

ジョバンナは虐待されていたのか、最初のころは人が近づくと恐がって
いたそうです。今は安心しきって飼い主に自分の子供たちをゆだねていました。

その平和な光景を見ながら、もしジョヴァンナがこの農家に拾われていなかったら

と思いぞっとしました。

イタリアでは犬を飼う人も多いのですが、捨てる人も多いのです。

動物好きのこの農家に発見されたのは、ジョヴァンナと仔犬たちの運命だった

のかもしれません。黒く光るやさしい目の奥を見つめながらそう思いました。

この国の深刻な不景気が人だけでなくペットにも影響しています。




|

2014/05/26

地球半周の移動

20140522_125259_3

あっという間の日本滞在が終わり、ローマに戻るアリタリア便で。
後ろの席は声の大きいイタリア人おばさん3人組。イヤな予感的中。
「このシートの狭さは日本人向けか?拷問だ」「冷房で体が凍りついた」
「足が痛すぎてこのまま一生動かせない」などなど不満のコーラスを
12時間ぶっちぎりで聞かされぐったり。
そこまではいかないとしても、せめて日本-イタリアが6時間くらいだった
らなーと思わされるこのどうにもならない遠さ。

でも、日本に到着するときもローマに到着するときも、毎回なんとも言えない
情動に心震えるのはそんな長旅があるからこそなのかもしれません。


|

2014/05/10

『ITALOイタロ』でミラノへ

Dscn7082_2

このところバタバタした日々が続きなかなかオンタイムで更新できず
こちらも先週の日曜のできごと。
イタリアも4月末から5月あたまにかけて祝日が飛び飛びにあり、連休
にしていた人が多く、ちょうど4日の日曜が連休最後の日でした。
その日に仕事でミラノ入りしなければならなかったのが、3日前にチケット
を手配していないことに気付き、慌ててトレニイタリア(イタリア鉄道)の
ネット予約を見てみると満席!1時間に大体2本あるのですが、夜遅い
電車も1つも空席なし。で、悪い予感も大当たり、アリタリアのフライトも
満席。絶望しかけて今度は『イタロ』に電話。で最後2席残っていたうちの
ひとつをぎりぎり予約!!!よかったー!
ローマオスティエンセ駅からミラノロゴレード駅行きと、中央駅ではない
けれど、もうミラノに入れるだけで万々歳。
いやーそれにしても、このところイタリア、特にローマに訪れる観光客の
多さが今ある公共設備の許容範囲を完全に超えている気がします。
いやーほんとにハイシーズンは気をつけないと後の祭りです。

『イタロ』は2006年に開通された新しい鉄道で、フェラーリの会長と靴
メーカートッズの社長が出資しているだけあって、スタイリッシュなデザイン
でなかなか車内も清潔で快適。食堂車がない代わりに、イータリーの
お弁当BOXを購入できるようになっています。

Dscn7087

イタロで時間通りにミラノロゴレード駅に到着。
来年の世界エクスポに向け、工事だらけのミラノ。ビルを建設して
いるとういうよりも地ならしをしている地区がいっぱい。
エクスポ建設の裏で政治家の賄賂事件がこのところ新聞の一面
を飾っていますが、とりあえずは工事が間に合いますように。

それにしてもこの街に来ると、ミラネーゼの洗練された着こなしに目
が洗われます。
夜寝ずに翌日の着こなしを考えているのではないかと思わせるほど
コッテコテの着こなしをしていても、さりげなく見えるのはなぜでしょうか。
特におじさん、おばさんのお洒落度が素晴らしく、ヘアスタイルから
足元までバッチリって人がゴロゴロいます。
ピエモンテのアルバやプーリアのように何を食べても美味しい地域で
育った人の舌が肥えているように、インテリアからアパレルまで
ハイセンスなものに囲まれて育つとこういうふうになるのでしょうか?
ロマーノもいいところはいっぱいあるけど、これはどう逆立ちしても絶対
にかないませんね。
日本からするとイタリアにいる人みーんなお洒落なイメージがありますが
ミラノだけです、こんなシュールな場所は。

以前、偶然にミラノのブティックのショウウィンドウの入れ替えの時期、モン
テナポレオーネ通りを通過したことがあったのですが、通り中の店舗が閉店
と同時に一斉にガラスの向こうで新シーズンのウインドウに総入れ替え
していました。舞台装置を設置しているようなプロの作業の速さと、スタイリスト
が服からバックや靴などをセンスよく見事に配置していく手さばきに思わず
足を止めて見入ってしまいました。
ただ単にショウウィンドウの中のマネキンの洋服を変えるだけでないのです。
どのブティックでもウインドウ内の天井とか壁も変えてしまうという大掛かりな
工事なのです。
さらにミラノ市から大きなクレーンも出ていて、街路灯のデコレーションライト
までもが新シーズン用に変えられているのでした。
ローマだとブティックごとにそれぞれ勝手にウインドウを変えますが、ミラノ
ってその日が決まっていて一斉に行なわれるのですね。
市の職員も、ブティックも街中総出で、まるでそれ自体がミラノの何かの
イベントのような盛り上がり。これを見て、さすがファッションの街だなーと
心底感心しました。

さて、こんなファッション天国ミラノに美味しいお店はあるのでしょうか?



|

2013/08/30

京都→大阪→アムステルダム→ローマ

Dscn9182

暑い暑い京都から到着したローマ。
空港に着いて一番に感じたのは空気が軽いこと。気温の
高い低いというよりも空気の重さの違いがはっきりわかります。
あの押しつぶされそうな京都の湿気に包まれていたカラダが
一気に解放された感じ。

で、ローマの街中はまだバカンスシーズン真っ只中でガラガラ。。。
ほとんどの店の下ろされたシャッターに、でかでかと張られた
【CHIUSO PER FERIE 休暇中】という張り紙に「いつまで休ん
でんねん!」と叫びたい気持ちをおさえながら、テスタッチョの
青空市場へ。やってました、やってました!ここは開いてたー!

507_005

からっぽの冷蔵庫を埋めるべく、野菜を山盛り買い込み。
イキイキしたトマトやレタス。またこのおいしい野菜を好きなだけ
食べられる喜び。
ローマの生活の第一歩はいつもここ。
ここからいつもの日常生活にもどるのです。



|

2013/06/27

京都 雨季の真如堂

Dscn8373_471x640

7ヶ月ぶりの一時帰国。前回ここを訪れたのは紅葉の秋。

もみじの色で全く変わるお寺の顔色にうっとり。

あーやっぱり京都はいいなー。

|

2012/11/10

SHINNYO-DO KYOTO 真如堂 京都 

Dscn6100_480x640

***************************

真如堂(真正極楽寺)

京都市左京区浄土寺真如町82

****************************

|

2012/11/07

ROMA - OSAKA

Dscn6005_472x640

猫の手も借りたいような忙しい毎日が続きなかなか更新できませんでした。。。

ばたばたのまま日本へ束の間の一時帰国。

|

その他のカテゴリー

おうちランチ&ディナー - CUCINA DI CASA | お知らせ - NEWS | その他 - ALTRI | ひらめき - ISPIRAZIONE | アブルッツォ レストラン - ABRUZZO LOCALE | イタリアのネコ - GATTO ITALIANO | イタリアB級グルメ - GOURMET DI CATEGORIA B | ウンブリアレストラン - UMBRIA LOCALE | エオリア諸島 - ISOLE EOLIE | カラブリア レストラン - CALABRIA LOCALE | キッチン用品 - ATTREZZI DI CICINA | サビーナレストラン - SABINA RISTORANTE | サルデニア | サルデニア レストラン - SARDEGNA LOCALE | トスカーナレストラン - TOSCANA LOCALE | トリノ カフェ - TORINO BAR | ドルチェ - DOLCE | パーティー・イベント - FESTA/EVENTO | ビール - BIRRA | プーリア レストラン - PUGLIA LOCALE | ミラノレストラン - MILANO LOCALE | レストラン - LOCALE | ローマ カフェ - ROMA BAR | ローマのモニュメント - ROMA MONUMENTO | ローマレストラン - ROMA LOCALE | ワイン - VINO | 京都カフェ - KYOTO BAR | 京都レストラン - KYOTO LOCALE | 大阪レストラン - OSAKA LOCALE | 市場 - MERCATO | 愛猫ラモ - RAMO | 料理レシピ - RICETTA | 東京レストラン - TOKYO LOCALE | 生産者訪問 - VISTIA DI PRODUTTORE | 美味食材 - DELIZIE DELLA TAVOLA | 街角のデザイン | 試飲会 - DEGUSTAZIONE | 食材店&エノテカ - NEGOZIO & ENOTECA